スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4Sのケースをスチームパンク風にしてみました

スチームフォン01

遂にiPhoneに機種変更しちゃいました。まぁ今更珍しくもないのでケースだけでも差別化を図ろうと市販のケースにデコってみました。所謂「スチームパンク(steampunk)」っていうんでしょうか?

「スチームパンク(steampunk)」ってのは石炭とかの外燃機関が発達した平行世界をコンセプトにする云々・・・・あまりよくわからないのですが、映画「ヴァン・ヘルシング」とか大友克洋のアニメ「Memories」の「大砲の街」などがそういう世界観でしょうか?

スチームフォン02

「スチームパンク(steampunk)」風のデザインは、真鍮、木、銅などのマテリアルを中心に構成するようです。DIYショップで買ってきたヒノキの角材で額縁を作ります。そのままだとヒノキ風呂にしか見えないのでアクリル絵の具でチーク材風に塗装します。

steam_phone_03.jpg

あくまでiPhoneのケースなので本物の真鍮や銅をデコレートに使っては重くて実用になりません。百円ショップやDIYショップで適当に買った小物を組み合わせて配置を検討します。
いろいろな「スチームパンク(steampunk)」風のデザインをネットで参考に閲覧しましたが、ただゴチャゴチャしてるだけのが多くて・・・。いずれにしてもiPhoneの筐体のサイズなのでシンプルなものになってます。

steam_phone_04.jpg

薄いプラ板にパーツを接着しました。接着は木でもプラでも金属でも何でもかかって来いや!の万能接着剤「コニシ ボンドG17」を使用しました。

steam_phone_05.jpg

基材、パーツには塗装するので足出しをしてジャーマングレーで下塗りしました。産業革命時代の工場風になりました(と勝手に思いました)。ちょっとハゲてるのは目を離したスキに家内が触ったためです。一時間冷戦が続きました。

steam_phone_06.jpg

下色が乾いたらゴールド、カッパー(銅)、シルバーなどのホビーカラーで塗装します。最後にはトップコートで塗膜保護は忘れません。

steam_phone_07.jpg

iPhoneに限らずスマートフォンはストラップが付けられないのが不満でしたので、絵画などの吊金具をネジ留めしました。これで5Kgの荷重に耐えるそうですが本当かはわかりません。

今回の工作にあたり、思想と言うか発想の自由さと世界観へのこだわりみたいなものを参考にさせていただきました。

「スチームパンク大百科(http://steampunk.seesaa.net/)」
管理人 麻理様

この場にてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

やはりギターはカッティングか?

ギターが家に届き練習を始めてから20日くらい経ちます。

特にカリキュラムとか理解しているわけでも無いので、ネットや書籍で見聞きする「有効な練習」を行き当たりばったりにこなすようにしています。

大体、毎日以下のようなメニューです。

1.左手を5から7フレットくらいでミュートにして、右手をあまり弦の本数は考えずストローク(10分くらい)
・八分音符BPM50くらいから始めて160くらいまで→はっきり言って50~70くらいが一番難しいです
2.少し手が温まったら6弦の開放(E音)から上昇する半音階弾き(10分くらい)
・こちらも八分音符BPM50くらいから始めて120くらいまで
3.上昇はそれほど難しくないので下降も練習します。これはかなり難しいですので現在はBPM90くらいが限界です(15分くらい)
4.6弦の開放(E音)から上昇するハ長調のスケール(10分くらい)
5.6弦の3フレット(G音)から上昇するハ長調のスケール(10分くらい)
・ハ長調のスケールはスタートする場所から5パターン(数え方では7パターンだそうですが)あるのですが、現在は2つのパターンを眠ってても弾けるまで弾きこむつもりです
6.コードチェンジがまだ全然なのでC→Am→F→G7の王道進行を8beatのストロークでBPM70くらいで弾きます(5分くらい)
7.16beatのカッティングの練習(20分くらい)
・右手のストロークと左手の「ミュート←→弦を押す」のタイミングが揃うように、コードフォームは意識せず、5フレット目をセーハしてシンコペのリズムを刻みます

以上はほぼマストで、あとはその日の気分で重点ポイントを決めて弾き込みます。

しかし、いろいろ練習するとそもそも自分はギターで何をしたいのか?という根源的な自問自答が心を逡巡します。

単音のメカニカル・トレーニングを徹底してメタラーのような速弾きがしたいのか?
ファンクやフュージョンで聴かれるタイトでノリノリのカッティングがしたいのか?
ブルースで聴かれる泣きを極めたいのか?

元々、自作の曲にギターを入れたい。というのが目標であります。これは最初からブレてはいません。そして自分の作品はジャズやフュージョンをベースにしていることは既に確立した事実です。ですからやはり自分はギターでカッティングをかっこよく決めたいと思います。

という事でここ数日は7.の練習を重点的にしていますが、なにせコードを弾いているわけではないのでそりゃあもう退屈です。そもそも練習とは楽しいもんではありませんがそれにしてもつまらないにも程があります。

そこで得意のアレンジです。って言う程ではありませんが、少しファンクっぽいオケを打ち込みで創り、それにあわせてギターをひたすらカッティングすることにしました。弾いてみるとこれがなかなか楽しく遂に録音までしてしまいました。

とりあえずハ長調やヘ長調くらいならごまかせそうなカッティングを、工夫の欠片も無いオケに乗せて弾いてみた

オケ創ってる時間で15分くらいは練習できたんじゃ?ましてミックスした時間で30分はあったんじゃ?とか言う人は嫌いです!

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ジャズっぽいボイシングに寄り道・・・

エレキギターを練習するのですが、ギター演奏の花形である「コード・バッキング」をいくつか基本的な押さえ方で練習しています。

しかしどう弾いてもフォーク・ソングのようです。と言うかフォーク・ソングがそういう類の音楽なんでしょう。ろくに弾けもしないくせに「これ基本だってこたぁわかるけどさぁ、何かダセぇな」と思います。思うとどうにも止まりません。ウララ、ウララ、ウラウラの!ヘイ!

ロックの場合は音を歪めてパワー・コードを使う。というまさに神のアイディアとしか思えない業がございます。しかし元々のエレキの活躍の場であったブルースやジャズの世界ではさすがにパワー・コードだけでジャカジャカやっていると、そのうちにベーシストから「お前さぁ、キャラかぶるんだよ!」と厳しいダメ出しをくらうことでしょう。

ジャズ・ギターのコードはさっぱりわかりませんが、ビッグ・バンド・ジャズにおける名手の中の名手「フレディー・グリーン」は別格として、バップ以降の演奏を聴くと意外と厚みはありません。その代わりにピアノで言うブロック・コードの手法に近いトップ・ノートがメロディアスに動くボイシング「のようです」。自信ありませんが・・・。ギターはヴァイオリンと違いフレットがありますので平均律で調整してあるのですが、ピアノよりも倍音が多いのであまりクローズなボイシングは多用すべきでは無いという気もします。
そうなると1~4弦を中心に使用し、5、6弦はポイントだけで「ポン」とルートを弾く程度がよさそうです。もちろんアンサンブルとソロでは全然違ってきますが、あまり低音を使用しないのはジャズっぽさのポイントに感じます。

そんなことを考えながら昨晩はギターを手にして3日目だというのに、スタンダード・ナンバーを素材にしてジャズ・ギターのソロのタブ譜を作りました。とは言っても難しいのを作っても自分では到底弾けないので滅茶苦茶シンプル、かつAメロ8小節を一回弾くだけのものですが・・・。

メカニカル・トレーニングや一般的なギター・コードの練習と平行して、自分がアレンジしてみた(多分)ジャズのボイシングを少しづつ練習してみようかと考えています。ゆったりしたバラードなんでいつか弾けるようになったらどっかに音源上げて、タブ譜も公開してみましょうかね。かなり先になると思いますが・・・。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ギターの花形「コード・バッキング!」

エレキギターを練習するのですが、指を動かすこととともに、ギター演奏の花形である「コード・バッキング」も練習しなくてはいけません。

教則本には基本的なコードということで以下が最初に掲載されています。

G、D、C、Em、A etc.

ネットとかで調べると多くのギター有志が「F」のコード(ピアノだとファラド)で挫折するそうです。何でだよ。って考えたらFの構成音って開放弦でカバーできる音が一つなんですね・・・。必然的に最低でも5本の弦の何らかのフレットを押さえる必要が出てきます。素直に考えると
・第1弦=開放E→1フレット目を押さえてFに
・第2弦=開放B→1フレット目を押さえてCに
・第3弦=開放G→2フレット目を押さえてAに
・第4弦=開放D→3フレット目を押さえてFに
・第5弦=開放A→そのまま
・第6弦=開放E→1フレット目を押さえてFに
とするのが考えられます。

しかし指は5本。しかも親指は概ねネックの裏で一生懸命ギターを支えていますから実質4本。それで上のフォームを実現しようとすると最低、弦5本を押さえる必要がありますが、指4本では当然すべては押さえられません。そこでFのコードは恐ろしい離れ業でカバーをすることになります。1フレット目を人差し指で全部押さえるところからスタートします。セーハとか言うそうですがこれがキツい!どれか1、2本の弦は押さえ方が不足してミュートのように悲しい音になります。きちんとセーハすれば各弦の音は第1弦から「ファ、ド、ラ♭、ミ♭、シ♭、ファ」と変化しますが、これではFのコードの構成音は「第1弦:ファ、第2弦:ド、第6弦:ファ」の3本のみ。ということは他の3本も含めて以下のようにしなくてはいけません。
・第1弦=セーハしてF→そのまま
・第2弦=セーハしてC→そのまま
・第3弦=セーハしてA♭→更に2フレット目を押さえてAに
・第4弦=セーハしてE♭→3フレット目を押さえてFに
・第5弦=セーハしてB♭→3フレット目を押さえてCに
・第6弦=セーハしてF→そのまま

ひゃ~!結局セーハしているお母さん指を含めて残り3兄弟総動員です。ノッポの兄さんは猫背のように指を丸めて第3弦2フレット目担当。「オスオス」という元気な掛け声も「ゼェゼェ」苦しそうです。おしゃれな姉さんはアラアラウフフと言いながら「えいっ!」と背伸びして第5弦3フレット目。かわいい赤ちゃんも寝かせてなどもらえません!働かざる者食うべからずと第4弦3フレット目でお姉さんの下に潜り込みます。アラアラ・・・。

セーハは思い切り指板に押し付ければいいというもんでは無いようで、関節でどうしてもできる隙間を埋めることが早道に感じます。そこで手首を少し返して間接の隙間が無い指の横腹を指板にあてました。残りの3本の指にはただがんばってもらうのみです。

何とかFのコードのフォームを作りジャランジャランと適当ストロークをしていると、家内が目の前を通りかかります。

「ねぇねぇ!これ!一番難しいコードの押さえ方だってよ」
と話しかけるとアッサリ。
「あぁFね。」
「へ?知ってるの?」思わず聞き返す私。そんな・・・我が家で最初のギタリストはオレじゃねぇのか?
「昔フォークをやったし、禁じられた遊びも弾いたし、だいたい音大の副課がヴァイオリンだからギターぐらい弾けるわよ」
「・・・ぐ!・・・」
せっかくFを押さえて喜色満面だった私は急激にしおれていきます。家内は追い討ちをかけるように
「Emとか楽なんだよね。2本押さえるだけだよ」とか言ってきます。
Em?確かに。殆ど開放弦でいけそうだな。と考えてみました。
第4、5弦以外は開放でOK。しかも第4弦D音→2フレット目でE音に、第5弦A音→2フレット目でB音に。こりゃ楽だ。
憮然としてEmをジャランジャランと投げやりにかき鳴らす私。ふと
「あ、そうそう、第4弦を開放にしてやるとEm7だね」
とさり気なく言うと家内はキョトン。
「そうだね・・・。よくわかるね」
「だって構成音から考えりゃ簡単じゃん。それから第1弦の3フレット目を押すと・・・ほら!Em9だ!」
コードの構成音がパッパと浮かばない家内は逆に憮然として
「いいね。そうやってコードがすぐ浮かぶ人は・・・」
やった!逆転のチャンス!
「Emのフォームで第2弦の3フレットを押すと・・・ほら。ムード歌謡の終わり方(Em6)。ホーホホホ!」

何とか亭主の面目は守ったのでありました。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

Eliothからエレキギターが届きました。

Eliothからエレキギターが届きました。

これがまたエラく頑丈に梱包されています。でかいシロフォンでも入ってんのかと見まごうような三角形の段ボール箱に入れられ、開梱すると青いこれまた丈夫そうなソフト・ケースに包まれています。ケースのジッパーを「そうれ!オジサンに見せてごらん」と下ろすと更にクッションシートに包まれています。ジラす気では無く万全を期しているのですが、これはかなりのしっかり梱包です。

ケースから本体を出します。意外と重いですがネックとボディーの接合はかなりしっかりしている感じで、ネックを掴んで運んでも心配がありません。ボディーの塗装は綺麗に仕上げてあります。
まず調弦です。最初から弦ははられていますのでさっそく付属のチューナーにつなごうかと・・・。ん?説明書が英語で訳分からん。まぁいいや適当に「SOUND」と書かれたボタンを押しました。すると突然パックマンでも始まりそうな音で「C(ド)」が鳴りました。あたふたする私。「SOUND」ボタンを押すと半音づつ音は上がります。確かギターは二番目に太い弦が開放状態で「A(ラ)」のはず。そこで合わせておいて、あとは5フレット目を押して合わせるとか聞いたことがあります。
チューナーのパックマンサウンドをAで鳴らしておいてまず二番目に太い弦を鳴らします。一応出荷時に調弦はしてあるとのことですが、さすがにヤマト運輸が運んでいる途中で弦だって伸びるしペグだってジッとはしてくれないのでしょう。微妙に低くなっていますのでチューナーに合わせます。
一番太い弦は「E(ミ)」ですから5番目のフレットを押さえればラの音になり、2番目の太い弦と同じ音になります。ギターは一番太い弦から順番に「ミラレソシミ」と調弦されています。これは現代の擦弦楽器の主流である「ヴァイオリン属」の5度間隔での調弦とは違い、バロック以前にヴァイオリン属と並んで使用された「ヴィオール属」の調弦とほぼ同じです。「ほぼ」と言うのは弦が6本で、しかも第2と第3の弦の音程だけ長3度というところが同じヴィオール属のコントラバスと異なるところです。
どうせ余談だらけなので余談ですが、ヴァイオリンの調弦をご覧になったことがあるでしょうか?オーケストラの演奏開始前によくオーボエがラの音を出すと、コンマスがそれに合わせて弾き始めて団員が各々調弦を始めます。ヴァイオリンやチェロはその際にラだけ合わせるとあとはハーモニクスで合わせる奏者がいます。これはフレットが無い上に5度間隔なので有効だと思いますが、ギターのようにフレットがあると、5フレットでハーモニクスを鳴らして合わせていくと所謂「ピタゴラスコンマ」が生じて最後はズレていく気がします。初心者意見ではありますが平均律でフレットが作られているのですから弦をきっちりフレットに当てて調弦すべきだと思います。

さて自分の調弦です。先述のとおりギターは一番太い弦から順番に「ミラレソシミ」と調弦されるので、最初の4回までは5フレット目を押さえながら次の弦と合わせ、5回目だけは長三度音程になっているので4フレット目で合わせる。という具合にすればいいはずで、実際そうして調弦を完了しました。
ペグはダイキャストだけあって動きはスムーズながらグラついた感じもなく、調弦は狂いは少なそうです。しかしナットの溝はかなり細くて弦がキッチリとはまりこんでいます。ネットでは「ギリギリと弦が擦れる音がする」と書かれた記事も見ましたが、まぁそこまでキツキツでは無さそうです。

アンプはヘッドフォン・アンプが付属していますので一度繋いでみました。シールド・ジャックに接続・・・。あれ?ジャックが無い。
何とストラトタイプですがピックガードの下では無くてボディーの側面にジャックがあります。サイトで見たときは気付かなかったなぁ。別にいいけど。

ヘッドフォンアンプはドライブ機能も一応あってそれなりですが、自分は普段PCに接続しているオーディオI/FのUA-4FXにギターアンプの機能があり、パフォーマンス・モードにすればドライブもディレイもコーラスかけられるし、真空管アンプのシミュレータもあるのでヘッドフォンアンプは外出したときぐらいしか使わないだろうな。バンド組む予定も無い中、エフェクトならクリーン・トーンで録音してからSoundIt!やSONARのエフェクターで加工しちゃうだろうし。

さて調弦もそろったところで何する?何も考えていなかったのですが、ピアノを練習したときの経験から楽器練習の基礎は「メカニカルトレーニング」のはずです。ピアノであればハノンの1番「ドミファソラソファミ、レファソラシラソファ・・・」ですね。Eliothのギターには簡単な教則本が付属されています。表紙には「プロが認めた(誰?)」と書かれています。そんなに凄いなら、と開くと意外なほど綺麗な印刷でついつい読み始めました。やはり最初はメカニカルな運指練習が大切なようです。教則本には6弦の1フレット目から4フレット目までを順番に上昇し、5弦目に移って更に1フレット目から4フレット目まで上昇、更に4弦目・・・とこれを繰り返す「クロマティック練習」が紹介されています。やってみましょう。

お、おい。薬指と小指の間が開かんぞ!数回繰り返すと肘の腱が突っ張るのでこれでは腱鞘炎になってしまいます。もう若く無いから・・・。
そこでフレット幅の少し狭い位置まで移動して練習することにします。5フレット目くらいからなら少しは楽です。慣れてきたら低音でも練習することでこの無味乾燥な練習を繰り返します。
さすがに15分くらいやってると飽きてくるんで、移弦の順番を変えてみたりします。「6→4→5→3」。しかしやっぱ伴奏欲しいなぁ・・・。

と言う事でいっちょメタルっぽい伴奏を無理矢理に打ち込んでみました。midiなら遅いテンポから徐々に速くして技術向上に合わせることも可能です。デモ版はギターも打ち込みでテンポは145くらいで設定しました。
って、お~い。ギターの練習は?

クロマティックなメカニカル・トレーニング
*第5フレット固定で移弦している前提

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。