スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカロイド曲をコラボで創りました(最終回1)

いつも自作曲を投稿しているE-Windに、今回はコラボレーション作品を投稿いたします。

「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」

こちらがE-Windでの公開(通常音質版)

こちらが本家ボカロ(?)ニコニコ動画

同じくYoutube

動画師さん(絵師さん兼任)からは書き起こすイラストの枚数などの目安に、アイディアや希望を確認してこられました。そこで
・主人公(ミク)はセーラー服であること(w
・イラストは「男前に腰に手をあて仁王立ちの主人公」「イケメンの前で何も言えないミク」「悩むミク」「サンバをバックに踊るミク」
を提案しました。

9月12日(日)。イラストの下書きができた。とyebisuさん経由で絵師さんから3枚のイラストが送付されてきました。「腰に手」「イケメン前」「悩む」の3枚です。これがとても元気で可愛く、しかも私の大好き(ゲホゲホ)なニーハイソックス、それも黒のを履いています。オイ!絵師さんエスパーかよ?!
ただし当初踊るミクは動かすことを希望してしまったため、流石に無理とのことでしたので静止画で良いので踊る場面を再度お願いし、その他背景などに少し意見を述べさせていただきました。絵師さんからも積極的にストーリーの提案などもありいい方向です。

更にE-Windでは私たちコラボ・チームの為か?と思うようなタイミング(2010年9月14日)でYoutube投稿動画とのリンクのサービス開始の告知がありました。私の心中としてはこれでニコニコ動画、Youtube同時投稿の構想が追加されたのは言うまでもありません。

9月18~20日にかけての連休が明けた9月21日。ついに絵師さんから完成版として動画が送られて来ました。いくつかイラストも追加され、表情なども変化するアニメーションとなっており想像以上のできばえです。内容に文句のつけようが無いので最後のクレジットだけ注文を出して最終版を待ちます。こちらはその間にニコニコ動画、Youtubeでの公開時のコメントやタグの検討に入りました。

翌日の9月22日にはクレジットも見直した版が早くも完成して送られてきました。ついに公開です。
深夜はどうしてもネット住人は夜行性が多いのかアップロードの対応が悪いので、午前中の投稿とすることにしました。

9月23日の10時半頃。ついに自分としては初めてのボーカロイドを編成した作品、かつ初めて主導的に作業をしたコラボレーション作品を公開しました。着想から実に1ヶ月と1週間後のことでした。

DTM人口は少なそうでも意外と多くの創作者さんが活躍されている世界。まして現在人気のボーカロイドとなると、まぁレベルはまちまちですが日々多くの作品が投稿されます。
そんな中で今までごく狭い範囲で活動してきた自分ですから、ニコニコ動画やYoutubeのようなメジャーな場で作品を公開したからと言って、即再生回数やコメントが伸びるわけもございませんが、今のところひどい評価も無く少しずつですが再生回数も増えています。

歌物は自分の得意な領域ではありませんし、まして作詞の勉強とかはまったくなのでそうそう歌物に着手はできませんが、今後も自分の気持ちと相談しつついろいろと手がけていきたいと思います。

今回のコラボに前向きに取り組んでくださったyebisuさん、MiKiTaさん、絵師さん(カツマさん)には感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

ボーカロイド曲をコラボで創りました(11)

いつも自作曲を投稿しているE-Windに、今回はコラボレーション作品を投稿いたします。

「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」

こちらがE-Windでの公開(通常音質版)

こちらが本家ボカロ(?)ニコニコ動画

同じくYoutube


9月4日にはyebisuさんがミックス作業を再開されたようでしたが、最後の最後でPCがフリーズしたのか?怒りのツイートを残されて音信が普通に・・・。
こりゃダメージ大きいわなぁ。と思い、焦らず作業されることを祈っておりましたら9月5日の夜になって完成版が送付されてきました。フリーズにもめげず鋼鉄の意志で仕上げられたようです。

正直、驚きました。私が送ったトラックだけで23トラック、これにミクのリードとハモリ、MiKiTaさんからはカッティング、リード、ユニゾン部分で5トラック、これらをバランスを聴きながら切り貼りしていくわけで、当然楽器によってはマスキングされて聴こえない物もあるだろうと思いました。自分がミックスをする場合もそういうことはよくあることで、アレンジとトラックダウンの段階である程度は調整するのですが、最後はやはり妥協です。
しかし送られてきた完成版#2にはその妥協を見つけるのが難しいくらいに各トラックが浮き上がってきます。相当、精緻に繊細に作業されたことがわかります。この版を完成形に結論付けるとともにニコニコ動画での公開を検討することにしました。yebisuさんからは心当たりの動画師さんへの確認の結果として、イラストから書き起こすと少し時間が必要との連絡でした。あまり時間がかかるならイラストはピアプロで探すことも視野に入れて、次にEWでの公開時のコメントです。yebisuさんとMiKiTaさんに苦労した点やよかった点をコメントいただきました。これらと自分のコメント、歌詞などをまとめてコメントを構成します。

私の本業の都合で時間が取れずに1日空いた9月7日、yebisuさんからは動画師さんがイラストの書き起こしから作業されることを希望している旨、それが1週間くらいで可能だろうとの見通しが連絡届きました。オリジナルで動画が付けられるならそんないいことはありません。公開のタイミングはEWの9月15日から始まる「テーマ指定」の募集に合わせることにして、私自身はニコ動とEW同時公開を心中で計画していました。

つづく・・・

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

ボーカロイド曲をコラボで創りました(10)

いつも自作曲を投稿しているE-Windに、今回はコラボレーション作品を投稿いたします。

「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」

こちらがE-Windでの公開(通常音質版)

こちらが本家ボカロ(?)ニコニコ動画

同じくYoutube


9月1日に送られてきた完成版#1ですが、その日のうちに視聴しました。
yebisuさんは勉強会などで投稿される作品はどうしても管弦楽曲になるため、ミックスがどちらかと言えば壮大といいますかパンとリバーブをたっぷり効かせたものの印象がありますが、今回のようなポップスの小編成のときはきっちりとスタジオ録音を意識して、トラックへの不要なリバーブ処理などが無いスッキリとしたミックスです。MiKiTaさんからもミックスに関するご意見が出されています。私も何箇所か意見は述べましたが実際のところこの状態で公開されていても、特に文句をつける箇所がありませんでした。シンセや特殊な楽器が入る「アレンジ上の工夫」を聴かせるような箇所で、こちらとして意図していた「効果」を実現していただきたいという意見をお伝えする程度でした。本来はミックス作業前にお伝えしておくべきもので、実は少し申し訳ないな・・・と思ったりしました。

あとは個人的には意外でしたがドラムスのタムの音が良くない、と言いますかなんかバタバタしてるみたいなご意見をいただきました。デモの段階では音色はSONARに付属のTTS-1にプリセットされている「STANDARD」セットを当てていました。仮なんで当然なんですが、実はこの辺りの音色って1980年代とかのフュージョンや歌謡曲でよく耳にするチューニングだと常々思っています。何と言うかドライな響きを感じるんですよね。
スネアはヘッドをかなり強く張ってスナッピも強め。叩くと「スコーン!」と鳴りますが、転がすと少し音の輪郭がぼやけて聴こえます。これがスティーブ・ガッドみたいなパラディドルを駆使するオカズとかには実によく合います。
対してタムはハイ、ミドルはやや高め、フロアは逆にぐっと低めのチューニングで、これでタムを回すと甲高く鳴ったかと思うとすぐに「ドロドロドロ」みたいな地響きのようなタムが続く。メリハリがあるんで歌心があります。

長くなりましたが一般に「STANDARD」と銘打たれたセットはネーミングの印象と違い、どんな曲にもそれなりに合うお洒落でかっこいい音色です。

しかし今回の曲は自分としてはロック調だと理解していました。しかも途中はサンバまで入ります。ですからやや田舎っぽいチューニングが合うかと思い、タムだけは純粋にロック風のチューニングにしました。全体に低めのチューニングでパワフルな響きがあります。しかしこれがyebisuさんMiKiTaさんにはバタバタしているように感じられました。「バスドラと混じったような」と評価されたので「あぁなるほど」と思った次第。

そこで9月3日の深夜になってしまいましたが、使用音源であるSONIC CELLに入っている「STANDARD」と「WIDE STANDARD」の二種類の音色で、再度タムだけトラックダウンしてファイルをULしました。ミックスでは「STANDARD」が明らかに使いやすいと思いましたが、「WIDE STANDARD」のほうがパンの取り方がリアルです。選択肢を持つことでミックス作業の中で決めていただいちゃおうということで・・・。だってこの辺は決まった作業手順とかが確立されてるわけじゃなし、やはり個人の好みや手順があるからさぁ・・。

つづく・・・

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

ボーカロイド曲をコラボで創りました(9)

いつも自作曲を投稿しているE-Windに、今回はコラボレーション作品を投稿いたします。

「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」

こちらがE-Windでの公開(通常音質版)

こちらが本家ボカロ(?)ニコニコ動画

同じくYoutube


8月30日は月曜日と平日であることもあり日中はまっとうに労働です。何か音楽と料理しかしてないみたいに見えますがこう見えても(だからどう見えてる?)ごく普通に勤め人です。
一応この日に遅ればせながら完成作品の公開について私の考えをyebisu、MiKiTa両氏に確認のメールで伝えました。EWで私の名義で「キミの前限定乙女(collab.with yebisu&MiKiTa)」のタイトルで公開する。公開の際は両氏のコメントも掲載する。という内容です。
yebisuさんから公開についての考えは即答で了承いただき、またタイトルに☆マークを挿入すること、Mikuをfeaturingすることを記載すること、が提案され結果としてタイトルは「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」になりました。
更には動画に関してもボソっと言及されていました。

動画でミクと言えばニコニコ動画です。個人的にはせっかくなんでニコ動での公開も脳裏にはよぎってました。しかし私自身はボカロ・ユーザーでは無いのでピアプロに参加したりしていません。絵師さんの知り合いもいませんので難しいと思っていました。そうは言っても何もしなければEWで普通に公開しても数週間すればトップページからは消えてしまいます。するとyebisuさんがどうもツテがあるようで少しあたってみるとのこと。その他の手段としてまぁダメもとで誰かボカロPさんに相談してみることも一応の視野にいれました。

月が変わり9月1日。深夜も深夜、明け方の3時くらいにyebisuさんからミックス完了の連絡とファイルがmp3で送付されてきました。ちなみにyebisuさんはほぼ一徹の状態で出勤していかれました。エラく過酷なコラボです・・・。
実際はその前にMiKiTaさんから、曲中のブリッジ部分のユニゾンをギターで弾いたトラックが送られていました。「ユニゾンに一応参加している」程度にミックスして欲しいとのご意思でしたが、ちょっとタイミング的に間に合わず再度見直しする際に入れることに。

つづく・・・

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

ボーカロイド曲をコラボで創りました(8)

いつも自作曲を投稿しているE-Windに、今回はコラボレーション作品を投稿いたします。

「キミの前限定☆乙女(feat.Miku,collab.with yebisu&MiKiTa)」

こちらがE-Windでの公開(通常音質版)

こちらが本家ボカロ(?)ニコニコ動画

同じくYoutube


翌日の8月29日。yebisuさんからはボーカルパートのコーラスアレンジがすでに届いておりました。さっそくdominoのお礼とともにコーラスに関する意見など少しだけ返信し、私は粛々とドラムスのトラック分け、パートごとのトラックダウンを実施しました。その間にMiKiTaさんはどうもカッティングの音で気に入らない箇所が出たらしく、再度、ギターを録音し直してこられました。トランペット・ソロのバックのストロークに録音時にリバーブをかけられたのですが、yebisuさんがミックス時にやはりリバーブをかけるためにどうしても音がバラけるようで、結局ノンリバーブで再録音されたのでした。

これでギターも完了。あとは私のトラックが全部揃うのを待つ状態です。この日は朝からカレーを作るつもりでしたので午前中に買い物。例によって次男はゲーセンに置いてカレーのために玉ねぎ、トマト缶、ココナッツミルクを買います。具材は夏らしくパプリカとゴーヤ、それにしめじを入れます。肉類も少し欲しいのでスープを取る意味もあって牛スジと鶏のモモ肉を買いました。って料理の説明になってんじゃん!evnc_chckのバカバカ!

午後にカレーを煮込みながらトラックダウンを続行しました。結局全てのトラックが揃ったのが20時半くらい。それからオンライン・ストレージにULしyebisu、MiKiTa両氏に連絡。DLが完了したのが21:30くらいでした。最終的に出来上がったトラックは全部で23トラックス(複数形)。
・リズム隊:ピアノ1、ドラムス4、ベース1
・ストリングス3
・ブラス3
・トランペットソロ1
・シンセ4
・ブリッジ部分で登場する楽器:カリンバ1、シンセ1、スティールドラム1
・パーカッション:コンガ1、ティンバレス1、アゴゴ1
これにMiKiTaさんがギターを4トラック用意され、ボカロがメインボーカルとコーラスで最低2トラックあったとしても合計28トラックです。実際は部分でバランスを見てはトラックを切り貼りしますので、普通にこの倍近くはトラックが膨れ上がります。実際yebisuさんがツイッターでボソッと「40トラック超えか・・・」とつぶやかれたのが目に痛く、こっそりスルーしたのは秘密です。
因みにこの前に開催された「同一テーマを使用したフリー・アレンジ勉強会」に私が公開した曲で30トラックくらいは必要でした。トラックダウン時にmidiでパンを降っておいて、音域であまりバラツキの無いパートでトラックをまとめ、かなりはしょってミックスしてもそれぐらいはすぐにいってしまいます。
簡単にトラックを増やしていけるDAWですが、制限のある中で創意工夫して音楽を創っていた時代に比べ、効率の悪い作業になっちゃってないか?ふと自問するときもあります。MiKiTaさんが「8トラックMTRでは予想つかない」といみじくもつぶやかれたのが印象的でした・・・。

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。