スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味と実益は混同なさらぬよう・・・(1)

仕事の関係で「財務会計基準機構」という団体が発行している「季刊 会計基準」という雑誌を講読しています。会計業務に従事していないとRPGの呪文なみに覚えられない文章がびっしり書かれています。
AKB48のメンバーなどとてもじゃないですが覚えられない私ですので、当然のことながら2頁も読むと目がうつろになってきます(いいんか?それで・・・)。

それはともかく、この雑誌の冒頭で「企業会計基準委員会委員長」の役職につかれている方の文章が掲載されており、その中で「年賀状でフルマラソン走破の自慢をしていたのに最近内臓疾患で入院した」と書かれていました。

実は私の知り合いも似たような境遇に遭われたことを思い出しました。

学生時代の知人なので、お互い勤め人で住む場所も離れているため最近は年賀状だけのやりとりでしたが、数年前から健康に留意して生活している旨が賀状に書かれるようになりました。
元々ガッチリした体型の方でしたが少し太めでしたので、どうやらジョギングを始めたらしいです。
で、ある年の年賀状では「毎日ジョギングをしていたためダイエットに成功し、健康優良児だ」とコメントが書かれていました。
健康診断でも医者から「どこにも問題がありません。すばらしいですね!」なんて言われていたんでしょうね。
まぁ所謂健康オタクってやつですが、継続していることは感服に値します。

翌年にはついに「フルマラソンに挑戦します!」と意気込みはますます向上しているようでした。

ところがその翌年の年賀状は瞠目しました。
「昨年、脳梗塞で今はリハビリで何とか普通の生活です」
    ・・・。

私は生来の運動ぎらいで幼少のころから家で本を読んだり、物心ついてからは外出しても映画館か書店通い。世間の同年代は野球やらサッカーやらでしたがそんなものには背を向けて生きてきました。
ですからスポーツやレクリエーションで健康を維持することの重要性は理解できるものの、その時間を読書や音楽の創作などの趣味に消費する方を選択してしまっていました。
健康志向の番組や雑誌の特集記事を目にしては、「これではいかんな・・・」と言うあせりにも似た感情も常にうつうつと持っていました。
しかしこの知人にとっては過ぎたる結果か体質なのか、彼はスポーツで健康維持をすることは結果として失敗してしまったことになるのでしょうか・・・?

こんな不謹慎なことを考えるのは実はもう一つ理由があるのですが、少し長くなってしまったので次回に書かせてください。
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理
ジャンル : ヘルス・ダイエット

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。