スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種を維持するということ・・・(最終回)

少し前のニュースですがこんなSFの世界のような事実があるんですねぇ・・・。

オスの存在しないアリを発見

Anne Minard
for National Geographic News
April 20, 2009

 一部の生物ではオスの個体数が減少しており、問題視されている。しかし問題を解決しようにも、このハキリアリの仲間(学名:Mycocepurus smithii)についてはもはや手遅れのようだ。

 新たに発表された研究によると、このアリは全個体がメスであり、いかなる交尾も行われることなく繁栄を続けているという。進化の過程で、繁殖の手段は女王アリによるクローン生成だけになったようである。

「繁殖の方法を新しい形態に進化させたようだが、遺伝のメカニズムはまだ解明されていない」と、研究チームのリーダーを務めたアリゾナ大学の研究員アンナ・ハイムラー氏は説明する。 以下略

このハキリアリの一種は一般的な男女、雌雄による生殖活動無しで種を維持しているわけです。

生殖をするためには男女、雌雄ともに相手にその気になってもらおうと涙ぐましい努力をする必要があります。
その点このハキリアリにはその努力もエネルギーも不要で、煩わしくなくていいように思えるのですが、一見合理的に見える無性生殖、実は大きな問題があります。

生殖して子孫を残すということは多様な遺伝情報を複雑にからめて、その生物を進化させるための重要なファクターであることを忘れてはいけません。この場でも時々書かせていただいていますが、進化とは多様化と自然淘汰の結果です。
無性生殖つまりクローンを創り出すということは基本的には母親の遺伝情報しか伝わらないわけで、種の進化の多様性を放棄するわけで、これ以上の進化は望めないことを意味します。生殖することで子孫を残すと、突然変異や異常を発生させる遺伝上のリスクもありますので、必ずしもマイナスのイメージだけでは無いのですが。

しかし例えば人間のように、地球上に発生してからごくわずかしか歴史の無い生物でも、多種多様な民族が混血し合う事で、いろいろな文化や身体的特徴を持っています。
ところで最近のニュースなどでも、「結婚しない」人とか「結婚しても子供は作らない」人とか「性的に淡白」な人が増えている。などと報道されたりしているのをよく目にします。まぁどこまで信憑性のある調査での結果かはわかりませんが、人間が増えすぎたことへの見えざる調整なのか?これ以上進化することと遺伝上に存在するリスクの回避を両天秤にかけた結果なのか?いずれは訪れる人類の衰退を迎えたときに何か答えがわかるのでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。