スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone4Sのケースをスチームパンク風にしてみました

スチームフォン01

遂にiPhoneに機種変更しちゃいました。まぁ今更珍しくもないのでケースだけでも差別化を図ろうと市販のケースにデコってみました。所謂「スチームパンク(steampunk)」っていうんでしょうか?

「スチームパンク(steampunk)」ってのは石炭とかの外燃機関が発達した平行世界をコンセプトにする云々・・・・あまりよくわからないのですが、映画「ヴァン・ヘルシング」とか大友克洋のアニメ「Memories」の「大砲の街」などがそういう世界観でしょうか?

スチームフォン02

「スチームパンク(steampunk)」風のデザインは、真鍮、木、銅などのマテリアルを中心に構成するようです。DIYショップで買ってきたヒノキの角材で額縁を作ります。そのままだとヒノキ風呂にしか見えないのでアクリル絵の具でチーク材風に塗装します。

steam_phone_03.jpg

あくまでiPhoneのケースなので本物の真鍮や銅をデコレートに使っては重くて実用になりません。百円ショップやDIYショップで適当に買った小物を組み合わせて配置を検討します。
いろいろな「スチームパンク(steampunk)」風のデザインをネットで参考に閲覧しましたが、ただゴチャゴチャしてるだけのが多くて・・・。いずれにしてもiPhoneの筐体のサイズなのでシンプルなものになってます。

steam_phone_04.jpg

薄いプラ板にパーツを接着しました。接着は木でもプラでも金属でも何でもかかって来いや!の万能接着剤「コニシ ボンドG17」を使用しました。

steam_phone_05.jpg

基材、パーツには塗装するので足出しをしてジャーマングレーで下塗りしました。産業革命時代の工場風になりました(と勝手に思いました)。ちょっとハゲてるのは目を離したスキに家内が触ったためです。一時間冷戦が続きました。

steam_phone_06.jpg

下色が乾いたらゴールド、カッパー(銅)、シルバーなどのホビーカラーで塗装します。最後にはトップコートで塗膜保護は忘れません。

steam_phone_07.jpg

iPhoneに限らずスマートフォンはストラップが付けられないのが不満でしたので、絵画などの吊金具をネジ留めしました。これで5Kgの荷重に耐えるそうですが本当かはわかりません。

今回の工作にあたり、思想と言うか発想の自由さと世界観へのこだわりみたいなものを参考にさせていただきました。

「スチームパンク大百科(http://steampunk.seesaa.net/)」
管理人 麻理様

この場にてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。