スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、聴いた音楽 アントン・グリゴリエヴィチ・ルビンシテイン ピアノ協奏曲第4番 ニ短調 Op.70第一楽章

ピアノ大国ロシアの草分けであり、ロシア音楽の礎でもあるアントン・グリゴリエヴィチ・ルビンシテイン。そんなルビンシテインの作曲家としての評価は現在いかがな物か?

彼はピアノ曲だけで無く交響曲、協奏曲、室内楽、歌曲と、実に多岐にわたる膨大な作品を残しているのですが、その作品が殆ど絶版となってしまい、ほぼ演奏される機会は無いというのが実情です。
私も子供ののころに聴いた「天使の夢」という超絶技巧のピアノ独奏曲くらいしか存じませんでした。

今回、聴いた「ピアノ協奏曲第4番 ニ短調」は1864年に作曲されたそうですから、アントン・ルビンシテイン30代半ばの作品です。実はこのCD、輸入CDのSALEワゴンに埃をかぶって売られていたのを、かれこれ
10年以上前に購入したもので、今までも数回は聴いている作品です。
しかし当時はルビンシテインのロシア音楽史上の位置づけなど理解不足で、19世紀に活躍したロシア人ピアニストの忘れられた作品、程度で物珍しさで鑑賞したように思います。

ドイツ・ロマン派の影響を強く感じる重厚で物悲しいモティーフ。木管の持つ哀感が生かされたこのモティーフは、その後のチャイコフスキーやラフマニノフにも、間違いなく受け継がれたロシア的な力強さも感じさせます。華やかさはありませんが美しいモティーフです。

オケによる主題の提示に続き、ピアノによる技巧的なカデンツァが始まります。このあたりはドイツ音楽よりもショパンやリストなどが多用した、フランスのサロン・ミュージックで好まれた「技巧重視」のスタイルですが、決して技巧一辺倒にならずオケとの掛け合いも絶妙です。人気のあるショパンの1番協奏曲に引けを取らない構成と技術がふんだんに盛り込まれ、「ピアニストの余技での作品」と簡単には片付けられません。

ルビンシテインは当時はロシアの大作曲家として、ロシアの音楽家の尊敬と信頼を集めていたそうです。確かにドイツやイタリア、フランスなどで見聴きした音楽的エッセンスや、学んだ技術が駆使されていることが伝わってくる構成力です。

惜しいのは、モティーフが魅力的なためか?手を変え品を変えつつ何度も頻出することです。「ソナタ形式だから」とは言っても展開が変わるたびにこのモティーフが登場すると、
「もう、わかったよ」
と突っ込みたくなってしまうのも困りもんです。
後輩のチャイコフスキーは、自身のピアノ協奏曲や、ヴァイオリン協奏曲で実に魅力的なモティーフを生み出しておきながら、そのモティーフにはこだわらずにさっさと別の展開ができるあたり、才能では一歩ゆずってしまうように思えます。

最近はルビンシテインのピアノ独奏曲を筆頭として、じょじょにですが演奏家などでも作品が取り上げられているそうです。
ロマン派の香りを色濃く残しつつロシア的な厳粛さを持ったルビンシテインの作品を、今後も機会があれば聴いてみたいと思わされました。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。