スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封印された円谷特撮ドラマ!(4)

今から40年前の1968年に放映された円谷プロ制作の「怪奇大作戦」という特撮怪奇ドラマで、今では封印されてしまった第24話「狂鬼人間」という作品について書かせていただいています。

あらすじの続きです。

まずSRI職員の牧が銀行員に身分を変え、恋人役の同じくSRIのさおり(小橋玲子)を、いかれた若造(こちらもSRIの野村(松山省二))に轢き殺されたことにします。

牧がさおりと公園でデートするシーンは必見。何故か大量の風船を片手に持った牧はさおりと仲良く手をつないでいます。ニッコリ微笑むさおりに向かってウィンクをする牧。東宝映画『呪いの館 血を吸う眼』で演じた当たり役である「吸血鬼」にしか見えないのが何とも・・・。

で牧がこの若造に復讐するために「父親の形見」の南部大型自動拳銃(8mmのパパ南部の方、しぶいっすねぇ・・・、海外コレクターに売ったらいくらで・・・?)を持ち歩き、この恋人を轢いた若造を尾け回している設定にします。因みにいくら40年前とは言え南部大型自動拳銃を所持しているだけで銃刀法違反だ!という突っ込みはやめましょう。

そこへ現れる「狂○せ屋」であるブティックの女主人。若造を殺しても罪にならないようにすると話を持ちかけて来ます。

この女主人、初対面の牧にえらく饒舌に自分の過去を語り始めます。
昔は夫がおり、夫婦揃って優秀な脳の研究者であった。
ある日、精神異常者に意味も無く夫と子供を殺された。
しかし犯人は心神喪失で無罪。
以来、世間に復讐するために人を一時的に心神喪失にする装置を研究開発し、恨みを持つ人間に働きかけて次々と「狂わ○」て、殺人を犯させている。

つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

おお!放送禁止(笑)

 実は怪奇大作戦、この話含めて全話DVDで持ってますよw
 この後、なかなかシニカルなラストが待ってるんですよね~~カーラース、なぜ鳴くの♪(<…だったかな?失礼)
 エンディング近くでSRIの誰かが「ったく、早く…てもらいたいもんだ」とボヤく一言が忘れられません。
 こういう話が臭いものに蓋、的に見られないっていうのはちょっと釈然としない気がします。

 怪奇大作戦の、あの時代を反映しているかのような暗いカラー画面が大好きです。
 昔から「壁抜け男」「かまいたち」が好きでしたが、大人になってから「京都買います」の良さがわかりましたね~。

 …話題が話題だけに、今回はつい熱く語ってしまいました、失礼<(_ _)>

うぉ!ネタばれ寸前!

56さん、いらっしゃい。
いやはや引越し大変っすわ。

それはともかく、危うくラストのネタばれ寸前のカキコ、ありがとうございます(ギャハハ。

ってか全編DVDですか・・・、と言うことはヤフオクかなんかで・・・?ゲフンゲフン。
「京都買います」は私も大好きな一編です。話も荒唐無稽ながらしんみりとして起伏の無い中に、じわじわと問題提起しているし、何よりラストに岸田森があちこちの名刹を訪れるのがいいですね。共演の斎藤チヤ子も可愛かったですねぇ・・・。どうせオヤジです。
ほんの数秒しか映らない場面のために大ロケーションを敢行したということで、実相寺監督は「あんな贅沢はTVでは珍しかった」と述懐してました。
あとBGMのギター独奏が何かずっとわからなかったのですが、ふと中古で買ったCDでわかりました。
ソリという古典からロマン派初期の有名なギタリストの「フィガロの結婚」による変奏曲という曲です。
一応、豆知識です(笑。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。