スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封印された円谷特撮ドラマ!(最終回)

今から40年前の1968年に放映された円谷プロ制作の「怪奇大作戦」という特撮怪奇ドラマで、今では封印されてしまった第24話「狂鬼人間」という作品について書かせていただいています。

あらすじの続きです。

芝居を継続するためあえて装置につながれる牧。しかし実はこの女主人は牧の正体を見破っていたのでした。
装置ですっかり心神喪失になった牧は野村を殺そうと、「うひゃうひゃ」と高笑いを上げながら街中で銃を乱射。たださえ怖い岸田森の迫真の「異常者」ぶりが見るものを別世界へ強制連行です。

牧の行動を眺めていた女主人は、油断したのかSRIに逮捕されますが、隙を見て逃走し自ら「キ○ガイ製造機」にかかり、二度と回復しないレベルの心神喪失状態になります。

ようやく追いついたSRIの的矢(原保美)に向かい、青白い顔色でうつろな笑みを浮かべる女主人には背筋が凍りつきます・・・。

「言ってみれば完全犯罪製造機だな。日本ほど精神異常者が野放しにされている国は無いんだ。政府もしっかりしてくれないとな。」と、基本的人権などどこ吹く風の発言をするSRIの的矢にハラハラさせられつつ、最後は鉄格子の向こうで「七つの子」を口ずさむ女主人のアップで締めます。
妙に勇ましいエンディング・テーマをバックに、ずっと笑顔と苦しげな表情を交互に繰り返し、精神異常者を演じ続ける姫ゆり子は大したもんです。

実際はこの作品も放映直後から封印されていたわけでは無く、最初にVHSでソフト化された際には「放送コードはTV放映のみに適用される」という解釈からか、この第24話も堂々と収録されていました。

その後も1980年代から90年代にかけてのLDでのソフト化にも、普通に収録されつつも「これをソフト化したのは勇気ある決断」みたいなコメントが書かれたり、広告帯に「二度と販売できない」みたいな煽りが書かれ、すでに封印を前提に検討されていることが感じられます。

現在はこの24話が収録されているソフトは、VHSにしてもLDにしてもオークションでは異常なほど高額で出品されており、特に最後の収録となったにも関わらず、発売当日に店頭から回収されてごく少数しか出回っていないLDは、数十万円とか数百万円で出品されており、「んなもん誰が買うんだ!アホか!」と思わず舌打ちしてしまいます。

放送コードに抵触する以上は放映、ソフト化が困難なのはいたしかた無いでしょう。物語そのものは最近の異常者ギリギリとも言えるような、凄惨な無差別殺人にも通じるような問題提起とも解釈でき、改めて「人が人らしくあること」を今一度顧みることを問いかける作品では無いかと思います。

しかし少しやり過ぎではあるわな・・・
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

あ、怪奇大作戦

僕もこのシリーズ、確か小学生のころ再放送ですがテレビで観てました。学校でも友人と毎日この話題で盛り上がり、確か「散歩する首(タイトル不確か)」ごっこをした記憶があります。つかこの番組、毎回観るの怖くて怖くて今でも部分的に僕の中でトラウマになってます(死後硬直とかこの番組で確か覚えました;苦笑
ただこの回の話は知らなかったので、どうなんやろ、やっぱり放送されなかったんだろうか?
あの頃の得体の知れぬ恐怖の感覚をふと思い出しましたよ。
・・って、トイレ行きづらくなった・・Orz

「あれ」が怖い!

影清さん、いらっしゃい。

散歩する首ですか~。私もあれは怖かった。
因みに当時、家にあった妹のおもちゃの人形の首が取れてしまって、それを見るのが怖くなるぐらい怖かった記憶があります。

今でも怖いのは「青い血の女」というエピソードで、人形が刃物をゆっくりと投げて殺人をする話です。
最後まで人形の正体が謎で、SRIも
「あれ」はなんだったんでしょうねぇ?
とか含みのあるコメントで、少し不思議な話でもありました。

「狂鬼人間」はVHS時代にはソフト化もされているので、再放送でしたら放映されたと思います。
割と最後の方のエピソードでしたから、再放送でははぶかれたりしてたかもしれませんね。

いゃあぁぁあ~

い、痛いトコ付くぅΣ!
その「青い血の女」のせいで今でも僕は「人形恐怖症」であったりします・・泣
特にフランス、日本人形わ・・。
あと最後のオチかなんかで「土の中から顔だけ出てくるヤツ」も、まばらな記憶ながら時折ふと思い出しては身震いします。
            つか、教授の「記憶力」もある意味恐怖ですよ(笑
            で、毎回同じ〆になるんですが、やっぱあの時代の日本の創造力・表現力はすごかった。方向性はどうかと思うが製作サイドのがむしゃら感が見てて楽しかったです。だって最近のテレビなーんもおもしろくないですもん・・。

創作の喜び

影清さん、再コメありがとうございます。

そうですね。昔は番組を創る側も、いろいろ考えてアイディアを出して、楽しんでいるのが伝わって来ましたね。

映像そのものを創る技術は現在の方がやはり向上していることは、素人目にも明確ですが、とにかく限られた中での工夫が感じられ無いんですよね・・・。

DTMが「宅録」とか「多重」とか言われてた時代。リズム・マシーンは決められたステップ数しか無くて、しかも「小節」の概念も無くて、オカズ一つ入れるにもいろいろ苦心して、しかもカセット・テープにデータを落として、で、うまく曲が流れたときは嬉しかったですもん。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。