スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリン独奏の曲を創ってみました

E-Windのテーマ指定曲として今回はバイオリン・メインの曲を創りました。曲調としてはかなりゆったりとした「バイオリン協奏曲」の第2楽章に現れそうなものにしました。

ご興味があれば是非お聴きください

「幽夢に戯ぶ(ゆめにあそぶ)」

以前にもこの場で少し話題に触れたのですがバイオリンの音源でゆったり演奏させた場合、やはり一番ウソくさくなるのはその機械的な音量の均質さです。これを克服するためにはバイオリンに限らず擦弦楽器の打ち込み技術としては第一義は「ベロ」と「エクスプレッション」の調整では無いかと考えました。

これは管楽器にもある程度言えることですが、管楽器経験者(中学、高校でヘボながらクラリネットとサックス担当、でもほんとヘボだからね)としては息のコントロールと弓のコントロールであれば、より表現をつけやすいのは弓だと思っています。
どういうことかと申しますと息の吹き込み量を極端に変化させて、音量や音色の変化を大きくさせた場合はよほどの技術が無いとピッチまで大きく変化してしまいます。そもそも音の芯がぶれてしまいます。
しかし擦弦楽器の場合は弓を動かすスピードや弦に当てる力を変化させても、音量や音色の変化は発生してもピッチまで大きく揺らぐことは無いと理解しています。
ちなみにスライド(ポルタメント)を効かせた演奏を再現する場合は「ベロ」と「エクスプレッション」に「ピッチベンド」の調整が更に付加されますが、ジプシー民謡などやロマン派時代のクライスラーやサラサーテの演奏に聴かれるようなやや過剰な感情表現をするわけでは無ければ、むしろこれはやらないほうがいいと思います。

と言う事で今回の曲は「バイオリン独奏」と「4声の弦楽隊」との合奏なんですが、どのパートも「ベロ」と「エクスプレッション」の調整に最も工数を割きました。曲創りそのものは2日で終わってしまいあとはひたすら調整を半日くらいかけています。

構成は

・弦楽隊による順次下降する和声での前奏
・バイオリン独奏による旋律の提示と弦楽隊による伴奏
・弦楽隊による第二主題的な旋律にかぶさるバイオリン独奏による速いパッセージのカデンツァ
・バイオリン独奏による第二主題的な旋律の再現と終止

で比較的わかりやすい構成。また和声的には近代音楽を曲調的には後期ロマン派のラフマニノフやマーラーを意識したものにしています。

使用した音源は例によってSonicSellに拡張ボード「SRX-04 symphonique strings」と「SRX-06 complete orchestra」を追加しています。
・独奏バイオリン:SRX-06 sad solo violin
・弦楽隊:SRX-04 warm section、full section、tremolo decresc
  SonicCell プリセット X strings SonicCell

基本のmidi打ちはは愛用シーケンサのSingerSongWriter5、弦楽隊のイントロ部分のエフェクトはリバーブの残響を大きくしたかったためイコライザー処理も含めて波形編集ソフトのSound Itを使用しましたが、独奏バイオリンが入って以降はSonar6で行っています。

バイオリンの曲で何か一曲を。と思ったのですがラロの「スペイン交響曲」とサン=サーンスの「ヴァイオリン協奏曲第3番」をイツァーク・パールマンが録音した、とてもおいしいCDです。ドカンドカン!といった派手なラロもいいのですが、サン=サーンスはその超絶技巧に度肝を抜かれます。ずいぶん昔に生演奏を聴いたことがあるのですがネック上を激しく上下する左手と、飛び回るようなボウイングに息つく暇も無かったことを覚えています。
izak.jpg


ラロ:スペイン交響曲 サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 - パールマン(イツァーク)
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。