スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークでゴシックなクリスマス

せっかくの(何が?)クリスマスなんでクリスマスをテーマに曲を創ろうと思いました。
実は昨年のイブにも同様にE-Windで公開しているのですが、あまりクリスマスらしく無い「ロック・フュージョン」を公開しています。ご興味があればどうぞ

「Holy Heat Night」

そこで今年も冬の寒さを吹き飛ばすような熱い曲を検討した結果、ギターがメインのインスト物のヘヴィ・メタを創ることにしました。とは言っても実はヘヴィ・メタってあまり聴かないんですよ。若いころバンド仲間でメタルをやってる友人はたくさんいましたが、技術も大切ですが何よりそのファッションと言いますかパフォーマンスと言いますか、悪い意味では無くまず「形から入る」音楽のイメージがあって純粋に音楽として耳を澄まして聴いたことがなかったんですね。ただメタルをやってる友人が珍しくショパンを聴いているので驚いたら、「トニー・マカパイン」という技巧派ギタリストのCDでした。彼は元々音大出身でピアノもかなり堪能なので、これ見よがしにショパンのエチュードやプレリュードが必ず自演で一曲は収録されていました。
いやみなロッカーだと思っていたのですが深夜にTVを見ていたら音楽番組に件の「トニー・マカパイン」が出演し、自作曲を演奏してついでにアコギでブルースなども遊びで弾いているのを聴いて、その独特のピッキング(スウィープ・ピッキング)がおもしろくて彼のCDだけは3枚持っています。
そこで今回は彼の演奏と言うか曲を参考にしています。

編成は
エレキギター1
クラビネット1
チェンバロ1
シンセサイザー1
スティールギター1
ベース1
ドラムス1
弦合奏
です。
使用音源は例によってSonicCellで今回は拡張ボードに「SRX-03StudioSRX」と「SRX-09CompleteOrch.」の2枚を追加しています。
クラビネット:SonicCellプリセットPhaseClav
ベース:SonicCellプリセットFingerMaster
ドラムス:SonicCellプリセットWideRockSet
シンセサイザー:SonicCellプリセット
スティールギター:SRX-03StudioSRXのThickSteel
チェンバロ:SRX-09CompleteOrch.
弦合奏:SRX-09CompleteOrch.

メインのギターは全部でトラックを9つに分割して音源4つをフレーズ、音域などを考えて使いわけたりレイヤーさせたりしました。
例えば冒頭のギターだけで速弾きで下降してくる部分、最初の5拍くらいはSonicCellプリセットの「SC Plugged」単独ですが、5拍半くらいからSonicCellプリセットの「SC PowerChord」がフェイドインして低音でパワーコード風に「ジャーン!」とやる部分は「SC Plugged」と「SC PowerChord」のレイヤーにすることで厚みと独特の不規則な歪みを表現したつもりです。

構成は
ギターによる急激な下降音の繰り返し
ドラムスの高速ツーバスに続きギター、クラビ、ベースによる急激な下降音をユニゾンで繰り返し
ギターとクラビによる速いパッセージの続くテーマ
シンセサイザーのアドリブ・ソロ
テンポを落としてチェンバロによる2声のインヴェンション→チェンバロによるリフの繰り返し→ドラムスがリズムイン
ギターのアドリブ・ソロ
アコギによる急激な下降とフラメンコ風の独奏を無伴奏で
コラール風の和音の弾き流しの上でギターによるバッキングでエンディングに向かう
チェンバロによる急激な下降
同じ下降をギター、クラビ、ベース、ドラムスのユニゾンで鳴らしエンディング
となっています。

基本的には高速8ビート全開の曲なんですが、それで満足するのが何か許せなくて途中に大きな変化を構成しようと考えました。それが結果として途中に現れるチェンバロによる2声のインヴェンション風の部分なのですが、正直チグハグですね・・・。ギター・ソロの後のアコギの無伴奏部分はテンポは基本そのままなのでビートの流が停滞せずそれなりにいい感じだと思っています。

ところでアコギの無伴奏部分はつい先だって同じくE-Windで公開させていただいたギター独奏曲で得られた経験を活かしたつもりです。いろいろ参加者の方々からいただいたご意見やご指導が結構参考になり実にありがたいことです。あまりフォーク風の綺麗なアルペッジョやストロークはまだできないのですが、スパニッシュな激しい弾き方はいろいろとわかってきたことが増えてきたように思います。

「Holy Dark Night」
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。