スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜は卵をあたため子育てをする・・・?

恐竜に関する新たな考え方が記事になっていました。
以下に転載いたします。

 白亜紀後期(9500万~6500万年前)の肉食恐竜のオビラプトルやトロオドンは、オスが卵を抱いて温めていた可能性が高いことを、米モンタナ州立大などのチームが突き止め、19日付の米科学誌「サイエンス」に発表した。チームは「鳥類も9割の種でオスが抱卵に協力しており、その起源は祖先にあたる恐竜にある」と説明している。
 鳥類のメスは産卵前、後ろ脚の骨の内部に「骨髄骨」という組織を作り、殻の材料のカルシウムなどを蓄える。同様の組織はティラノサウルスなどでも確認され、性別を確認する方法として注目されている。
 研究チームは、卵を抱いた状態で発掘されたオビラプトルやトロオドンの化石の性別を調べた。いずれもティラノサウルスに近く、後ろ脚に骨髄骨の形跡がなかったことから、卵を抱いていたのはオスの可能性が高いと推測した。
 巣に残された卵は22~30個。鳥類ではオスがメスよりもたくさんの卵を抱くことが知られているが、今回調べた恐竜も、鳥類のオスに匹敵する量の卵を抱いていた。
 国立科学博物館の真鍋真・研究主幹は「恐竜の生殖器は柔らかいため化石に残らず、性別の判定が難しかった。また恐竜が飛行を始める前からすでに鳥類の特色を備えていたことは、鳥への進化を考えるうえで興味深い」と話す。【永山悦子】
毎日新聞 2008年12月19日 東京朝刊

鳥は走鳥類などは別として殆どが空を飛びます。これは食餌をするためや身を守るためですが、当然、生まれた子供=雛もできる限り早い段階で飛行能力が必要です。しかし飛行と言う能力は技術もさることながら多くのエネルギーを消費しますので、草原に住む鹿の赤ちゃんや鳥に近縁の爬虫類の幼体のように生まれてすぐ歩くようにはいきません。ですから親鳥は雛に餌を与えて巣立ちができるまで育児をするケースが多く見られます。
育児にある程度の時間を要するのは前述の理由で避けられないとなると、その前段階の危険をできる限り避けるために産んだ卵を少しでも早く孵化させる必要があります。そのための手段として「卵を抱いて胚の成長を促す=抱卵」が鳥の行動として見られます。これは外敵から卵を隠す目的もあると思われます。

今回の発表は「オスが抱卵をしたケースが多い」という新たな説ですが、そもそも恐竜が抱卵をしたということ自体が何故?という根本的な疑問は解決されていないように思います。

鳥が抱卵をするのは先ほど述べたとおり
・孵化を早めて卵でいるという危険な時間を短縮するため
・外敵から卵を隠すため
であると考えられますが恐竜の場合にはどうなんでしょう。爬虫類は殆どが卵をあたためたりせず産みっぱなしです。孵化しても育児したりも当然しません。孵化したトカゲやカメなどの幼体はつたないながらも親と同様にちょこまかと歩き回ります。恐竜は鳥のように飛行したり魚のように水中で泳いだり。といったエネルギーを要する行動は基本はしないと考えられています。であれば生まれた子供は歩く程度の能力があれば良いわけですから爬虫類同様に卵も産みっぱなしでも良いように思います。
ところが引用した記事のように鳥類に近いとは言っても、空を飛んだわけでは無かった獣脚類恐竜は鳥のように抱卵をした化石証拠が発見されています。鳥に近いわけでは無いマイアサウラのような草食の鳥脚類恐竜は育児をしたであろう化石証拠もあります。

何故抱卵や育児のような行動をしたのか?謎はいつか解明されるのでしょうか?そう考えると楽しくなりませんか?
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。