スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我がカレー道をゆく(最終回)

仕事で出かける道すがら、自家製カレーを売りにしている喫茶店についに入り、さっそくその自家製カレーを注文したのですが、あまりの不味さに最早、受難と化した自慢のカレーとの格闘の最中、喫茶店のマスター(であろう爺さん)に味の感想を聞かれた私。さてさてその運命は?

カウンターのじい様が声をかけて来ます。
「いかがですか?カレー」
や、やめてくれよぅ・・・。ここに来て更に感想を述べよ、ってあんた。高校時代の友人がクラスの女子に思いを伝えるために自作した、読むもあんまりなポエムの感想を求められて以来の危機が訪れました。

「あ、おいしいですよ」
精一杯の笑顔でとりあえず答える私。今の私の笑顔は、はたから見たらバットマンに出てきたジョーカーみたいに見えるかも?
これで会話が完了し、あとはこの謎の味わいを持つ黄色い液体をかきこみ、薄ら笑いを浮かべて店を立ち去るだけと考える私の気持ちなどあっさりと陵辱し、この爺さんは一方的に会話を続けます。
「なんでこんな手間のかかるカレー作りをわざわざ自作でするかと申しますとね、まず自分で納得できるカレーに出会えなかったことがあるんですよ。それと喫茶店で食べるカレーとは言え、安全な野菜と牛肉できちんとしたスパイスをブレンドして、健康な料理をお客さんに食べていただきたいからなんですね。うんたらかんたら・・・」
いや、素材が良ければうまいなんて「おいしんぼ」じゃあるまいし。

食べてる間中、カレーを自作することの意義とその高潔な労働力を聞かされ、ウムウムと頷きながら苦行に耐えていた私ですが、平家琵琶でも語るように澱みなくうんちくを聞かせ続けられ、さすがに辟易してきます。

まずは態度で示そうとちょっと「しかと」して食べるのに専念しました。するとマスター
「ね、そうでしょ。お兄さん。違う?違う?」
と満面の笑みで私の顔を下から覗くと、勢い込んで語りかけます。
「え?あぁ、そうですね・・・。大切なことだと思いますよ(よくわかりませんが)。やはりお客さんに食べていただくんですから(いや、もう実はいらないんだけど)」
我が意を得たりと深く頷いたおじいさん。更に話を続けようとするので、今度はもう言葉で伝えようと
「あの、せっかくなんでゆっくり味わいたい(ププッ)んで・・・いいですか?(まぁその、うざいんだわ)」
とちょっと高圧的に返しますと、おじさん、にっこりと微笑んで
「おぉおぉ!すいませんでしたぁ。どうぞどうぞ味わってください(だからズイマーなんだってばよ)」
「どうやったらカレーをこんなに不味く作りこめるんだよ、ったく!」
と心で毒づきながら食べ続ける私をずっと変わらぬ笑顔で見続ける老喫茶店経営者2人。まじめそうな会社員風の男性にいい思い出を作った。と冥土の土産にでもするんでしょうか?

バリウムでも飲むように息を止めて胃に流し込むと、代金850円(税込み)を支払って店を後にしました。

あれだけ思い込みはげしく、熱く語れるなら壺でも売ればいいのに・・・。といらぬお世話のevnc_chckでした。
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お、おそろしい・・・。
二重の意味ですごいお店ですね・・・。

evnc_chckさんの大人の対応にも笑えました。
「このカレーを作ったのは誰だぁっ!!」
って「美味しんぼ 」的展開も期待してしまいましたが・・・(笑)

大人ですねぇ~^^

こんばんは。

流石デス!^^。
私だったら、あからさまに嫌な顔して・・・。
っとその前に、そんな冒険していなかったっけ^^;。

>冥土の土産に
いったい何人が土産話をプレゼントしたのでしょうね?。

カレーは散々だったようですが、私は面白い話をゴチになりました^^。

もう何も見えて無い

雨さん、いらっしゃい。

この老夫婦(多分65歳前後)は思い込みが強い、と言いますか実体が見えてないんじゃないかと思います。
悪い人たちじゃないようなので、誰も正しく諭す人もいないんでしょうね・・・。

真実なんてわからなくてもいいから、もう余生を仲良く、つつがなくまっとうしてもらいたいです・・・かね?

二言が言えず・・・

MiKiTaさん、いらっしゃい。

本当は
「うんちくうざい!カレー不味い!」
と正しくストレートに言ってやるべきかもしれませんが、とにかく気が弱そうで、それでいてかっこたる信念と言うか、思い込みが伝わってきてしまって何も言えませんでした。

逆に私は冷たいのかも・・・?

語るべきはカレーの味

音楽も一緒なんでしょうけれど、そのうんちくをカレーで語れという風に思ってしまいました。(苦笑)

うまいカレー作れる人ならだまって食べさせても、それで十分語れるはずですよね~。ちょっとシビアな意見になりますけれどもw

なにはともあれ、店内が癒し空間ならいいんですが、苦痛でしかない空間だったみたいですので、お気の毒さまでした…としか言えないですね。すいません。

大人な対応を覚えないといけないと思う昨今。うまい言葉を使いたいものです。僕は下手な言葉しか口をついてでてこない(時に毒舌)ですので。(苦笑)

技術を感じさせる

ranaさん。いらっしゃい。

>うんちくをカレーで語れ
かつては不言実行が日本の美徳でしたが、最近は有言実行が当たり前の時代。そうは言っても実が伴ってこそであることに違いはありません。
音楽でも料理でもどんなに苦労や工夫を語っても、聴く側、食べる側に伝わらなければ意味は無いですよね。

確かに時にはそう自身を省みることも必要ですねぇ・・・。

反省しきりですよ。私も・・・。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。