スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスでもカーニバルの気持ちで・・・(1)

以前にも書かせていただきましたが、実は食べ物では肉類が大好きです。
まぁ男で魚嫌いはあっても肉嫌いはあまりいないのでは無いかと思いますが、中でも実は一番好きなのはクリスマスの定番、鶏肉だったりします。フライドチキンであれば5本はいけます。コレステロール?血中脂質?何のことぉ?わかんない~!

私は小学生のときに現在の地域に引っ越してきました。それ以前は父の勤務先の社宅に住んでおりました。所謂、終身雇用が当たり前の時代でしたので、大手の企業になれば福利厚生の一環として、若い家族は自宅が持てるまで会社が格安で用意する「厚生社宅」に住むことが多かったと記憶しています。
現在では転職も珍しくも無いですし(私も実は一度転職経験がありますが・・・)、会社がそんなことまでは面倒も見てくれませんが、何にしても当時、艱難辛苦を経て一国一城の主となった父に従い、私は家族とともに引っ越して参りました。

新興住宅地と言えば聞こえはいいのですが、ものは言い様で実際はまだまだ造成中の土地が周りを囲み、雨が降ればむき出しの赤土が沼地と化す、自分は知らぬうちにグランド・キャニオンかどこか他の惑星にでも来てしまったか?と錯覚するような土地でした。

そんな場所ですから私が遊べるような年頃の子供もあまりおらず、学校で知り合った友人はどんなに遠い(子供の足で)家に住んでいても遊びに出かけたものでした。

ある日、学校でのこと。放課になったものの特にすることも無いので窓に腰掛けてボンヤリしておりますと、友人が近づいて来ました。
「学校おわってからA(同級生)ん家でドッヂボールやるから来るか?」
家で読書するほうが好きな引きこもり予備軍だった私は、ドッヂボールには大した興味は持てませんでしたが、「家でドッヂボール・・・」と言う言葉に思わず反応して、「おぉ!行く行く!」と答えてしまいました。

当時、新興住宅地と言う事で急激に地域の人口が増えたため、小学校のキャパシティを増加させることが追いつかず、私の小学校の学区はとてつもなく広いものでした。当時、私は小学校に片道45分ほどかけて登下校していたことからもその広さがわかると言う物です。
Aの家に行くのは初めてでした。この広い学区ですから、彼の家までは私の家から自転車でも20分ほどかかったのを覚えています。

着いてみてびっくり。彼の家は事業を営んでいるらしく、何の工場かわかりませんがクルマ通りの少ない(それほどモータリゼーションは発達していない時代ですし)せまい道をはさんで、広い駐車場と大きな倉庫を併設した作業場があり、倉庫を奥に抜けると事務所と彼の自宅がありました。
倉庫にはダンボールやドラム缶がパレットに積み上げられ、リフトでおじさんたちがエッチラオッチラと荷物を移動しています。作業場からはコンベアか何かがカタンカタンと動く音も聞こえてきて、ナプキンを三角にかぶったおばさんたちがうろちょろしているのも見えました。
お世辞にも金持ちには見え無いAが、実はかなりの規模の工場を経営する経営者のご子息と知って、単なる貧乏サラリーマンの息子であった私は、驚くやらねたましいやら・・・。

それにしてもこの工場から漂ってくる臭いは何でしょう・・・?どっかで嗅いだことがあるような臭いなんですが、どうにも思い出せません。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。