スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の空想力って凄いな・・・って話。

少し前の記事ですが・・・

<恐竜>毒牙で餌を狩る?…白亜紀前期のシノルニトサウルス
12月22日

 中国の白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から見つかった恐竜「シノルニトサウルス」は全身が羽毛に覆われていた全長約1.2メートルの肉食恐竜。

 研究チームは長さ約7.5センチの頭骨を分析し、上あごにある歯のうち左右の各5本が長くとがったナイフのような形をしていることに気付いた。最も長い歯は長さ1.2センチだった。また、とがった歯の外側には縦に溝状のくぼみがあり、これらの歯の根元にあたる上あごの骨には小さな空洞があった。

 このため、研究チームは、牙状の歯で獲物に傷口をつけ、空洞部にためた毒液が溝を伝って獲物に染み込ませる仕組みになっていたとみている。同様の構造の毒牙は、毒蛇のヤマカガシにもあるという。さらに研究チームは「歯が長いのは、厚みのある羽毛で覆われた鳥類を餌にしていたのではないか」と推測している。

恐竜で毒牙のような歯が確認されるのは初めて。22日、米科学アカデミー紀要に発表した。

=======================

恐竜は今も昔も子供たちには「人類が誕生するよりずっと昔に、ゴジラみたいな怪物が地球にいたんだ」という、ある種の憧憬とともに知的好奇心の対象となって今に至っていると思います。
中には私のようにいい齢したおっさんで、年中「恐竜、恐竜」と言ってる現実逃避野郎も存在しますが、1993年に制作された映画「ジュラシック・パーク」は恐竜好きの大人を一気に増加させる一因では無かったか?と思っています。

原作となった故マイケル・クライトンによる小説「ジュラシック・パーク」は1990年の作品ですので、例えば損傷している恐竜のDNAの補完に両生類であるカエルのDNAを使う、などの現在の恐竜研究の成果から見ると少々無理がある設定もありますが、古生代に生息した生物と現生の人類との熾烈な闘いは、過去に作られた「恐竜が現代で暴れる」小説や映画(コナン・ドイルの「失われた世界」や映画「キング・コング」など)と違い、恐竜の再生だけで無くその生態も空想の中で再現し、より臨場感のある内容となっています。

ところで引用させていただいた記事は「毒を使って狩猟をした恐竜がいたかもしれない」という内容です。

恐竜がどのような方法で捕食をしたのか?そもそも狩猟をしたのか、他の動物の死骸を漁ったのか、今となってはどこまで行っても推測ですが、このように化石や生痕(足跡など)などの証拠を何度も何度も観察し、推測がより現実的な成果となっていくわけです。

先にあげた小説「ジュラシック・パーク」の中に登場する恐竜に「ディロフォサウルス」がいます。
dilopho

ディロフォサウルスはジュラ紀の当時としては比較的大型(体長5~7m)の肉食恐竜でした。頭頂部に二列の逆モヒカンのようなトサカがあるのが特徴ですが、鋭いけれども薄く細い歯や爪から「魚食」では無いか?とか肉食でも「ハンター(狩をする)」よりも「スカベンジャー(死肉食がメイン)」では無かったか?などいろいろ推測されています。
でこのディロフォサウルス、件の小説および映画「ジュラシック・パーク」においては、羊くらいの小型の恐竜でエリマキトカゲのようなフリルを首に持ち、毒の唾液を敵や獲物に吐きかけて戦闘不能にする。という設定になっております。
当時は「んなことあるかい!」と鼻で笑ったもんでしたが、今回の毒腺を持った可能性のある化石証拠を見るとあり得ない話じゃないかな?と。
食餌の際には、獲物に噛みつくとか吐きかけるとかいずれかの方法で毒を注入し、動きを鈍らせるとか弱らせるかしてしまえば捕獲する際に抵抗されて自分の歯や爪を損傷したり、場合によっては致命的な傷を負ったりするリスクは相当軽減されます。
ディロフォサウルスに毒を使う能力があったかはともかく、毒を使ったかもしれない恐竜化石の証拠が出現したとなると、小説「ジュラシック・パーク」の作者である故マイケル・クライトンの想像力は凄いと思います。

他にも映画「ジュラシック・パーク」で凶悪さと狡猾さを印象付けた「ヴェロキラプトル」は、実際は大変小型の恐竜で体長1m程度の中型犬くらいの大きさしかありません。しかし映画的なインパクトを狙って、監督のスティーブン・スピルバーグは体長3mくらいで設定してしまいます。
これも公開当時は「こんなでけぇラプトルがいるかい!」と頭ごなしに馬鹿にしてましたが、公開された年に「ユタラプトル」という大型のラプトルが記載されています。スピルバーグは恐らくこの恐竜については知らず、ごく映画的なセンスで設定したことと思いますがやはり凄い想像力です。

現時点で知りえる情報を厳密に把握して物事を検証することも重要ですが、科学にしても芸術にしても固定概念から一歩離れて新たな概念やアイディアを考察することも重要です。
ってなことを今更ながら感じたevnc_chckでした。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。