スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラムスの打ち込みについて思うところ(1)

高校生から大学生にかけて、生活のかなりの時間は所謂「バンド活動」に費やしたevnc_chckです。勉強?勉強だけが人生じゃないでしょ!と当時は思ったけど人間、生涯勉強ですね(笑。真摯にそう思います。

それはともかく元々は中学生のとき最初入っていたテニス部で、犬並の視力とナマケモノ並の反射神経に「お前向いてないよ」と先輩に言われ、しょげて始めたブラバンが自分の音楽活動の原点だと思います。
しかし高校に入ってから始めたバンドでは「プリズム」とか「サディスティックス」、その後は「リー・リトナー」とか「渡辺香津美」とかをコピーしてました。まあ当時はこういった「インスト物」が流行っていたんですが、本音のところは「モテたい!」であったと思います。全然ダメでしたが・・・

最初のバンドのギターと喧嘩してバンドを飛び出してしまい、次に自分で作ったバンドで何より困ったのがドラマーがいないこと。自分はキーボードだったのですが、当時は(多分今もだと思いますが・・・)
「バンドやりたい人!」
と募集すると、ギターが4人くらい手を挙げます。一番うまいやつがめでたくギターの座を射止め、次にうまいやつは「時々はリードをとる」約束でサイドに。3番目にうまいやつはしぶしぶベースを担当します。
最後に一番ヘタくそなギターが「自分がギターを弾きたい曲だけギターをする」約束でドラムスを担当し、なし崩しにドラマーに転向させられるんですが、ドラムスなんて触ったこともない!というやつが来てしまったときには
「オレが叩けるまで指導するから」
と説得して何とかドラムスを担当させました。説得したのはいいのですが実は私も当時ドラムスなんて叩けないどころか、まともに触ったこともありません。

そこで近所の楽器屋に行くと、「○○バンド・スコア」とか何とかいうような本を立ち読みし、さわったことも無いドラムスがどんな仕組みで演奏されているかをとりあえず理解しました。

リズムを細かく刻むのはハイ・ハットで。
8や16などの細かいビートのノリはスネアを裏で入れる(一般には2、4拍ですね)。
拍子の頭を明確にするのはベードラで(複雑な曲は裏で入ったりもしますが)。
シンバルやタムはもっぱらフィル・インで色彩感や、より複雑なノリを出したりするのに使う。

そんな感じでいくつかの簡単な「パターン」を記憶しましたが、更にその後はシンプルな「シングル・ストローク」から「ダブル・ストローク」「フラム」「パラディドル」など、うまくは叩けはしませんがパターンやフィル・インに使われるテクニックを覚え、ドラマーの連中と会話ができる程度には知識(だけ!)を身に付けたのです。これが現在もDTMでドラムス・パートの打ち込みに役立っています。

つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

どこでもある話なんですね。(苦笑

吹奏楽の例をとれば…

フルートやりたい!→人が多すぎてできない!→打楽器へ回される

とかっていうのと同じ流れですよねwよくわかります。

人気の楽器から埋まっていきますが、僕みたいに「打楽器がやりたいんです!(キリッ」っていう人間はあんまりいないですもんね。ことそんな僕みたいな人間ほど変なので(打楽器は変な人が多いらしい)、まぁ、フルートとかに人気が集中するのがスタンダードな形であるべきなんでしょうけれどw

続きも面白く見させていただきますね。

打楽器専攻でしたね

ranaさん、いらっしゃい。

そうでしたね。ranaさんは元々は打楽器をやっておられたんでしたね。

じゃぁ私なんかよりうんと専門家なんで、今回の記事は少しお見苦しいかもしれません。

素人なりにドラムスを触って、現在のDTMでのドラムス表現で留意していることを書こうと考えてますので、よろしければばんばん突っ込みを入れてください。

「モテたい!」

やはり取っ掛かりは皆これですね。

>「プリズム」、「サディスティックス」、「リー・リトナー」とか「渡辺香津美」
モテませんね、と言うより話があいませんね^^;。
当時女の子と話をあわせるのならば、ビートルズは基本としてロックならばQueenとかボストンとかKISSでしょうか。
でもロック好きの女の子はちょいと不思議(変な)系が多かったです。
かわいい子達は、暗~い所謂「フォーク」系(中島みゆき、とか)だったような気がします。
私は教授と同じ系でしたが、高校時代は加えて「外道」、「山岸」さん、「マキ」さん、「クリエイション」でした。
→モテません。

ドラムについては私もドラムを教えたことがあります。
大学のサークルでドラム志望の兄ちゃんが来たのですが、「まったくやったこと無い」って。どうしてドラムやろうと思ったのだろう?。(結局いなく無くなりました。)
で、触ったことのある程度の私が8ビートの基本を教えたり(どちらかと言うと私が練習してた感じ)してました。
なので今でも基本的なことしか知りませんし、ワザの名前さえまったく知りません。(すべて耳で聞こえたなんとなくパターンのみです。)
触ったことなくても、楽譜で勉強するところが流石教授ですね。

このシリーズで私も勉強できるので、大変楽しみにしています。
最近ドラムはキーボードへの打ち込みに頼っていますが、時間があればまた自分で叩きたいなぁと思っておりますので、参考にさせていただきます。

では、また。

懐かしいですね

MiKiTaさん。いらっしゃい。

「クリエイション」はヘルプで参加したバンドでやりました。って言うかあんまキーボードは出番が無いという・・・(笑。
山岸潤史さんは自分の方向とは少し違う音楽だったんですが、やはりギター小僧はみんな尊敬してるんで聴くことはしましたね。

まれに清純系の女子でピアノやってるこ娘が、何を勘違いしているのか?「カシオペア」とか「スクェア」とかやりたがって来るんですが、ここははりきって理論について語りはじめて、逆に引かれて逃げられたりしました(泣。

所詮、女子にとってのバンドなんておしゃれかおしゃれじゃないかのどっちかなんだよ(涙。

という黒歴史を経て今の自分があったりする、単なる音楽オタクのevnc_chckですが、今後もよろしくお願いします。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。