スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアにフュージョンを追い求めるとは(6)

「フュージョン」という音楽の一ジャンルについて、そもそも「フュージョンとは?」をテーマにいろいろ考えています。

フュージョン誕生の背景には、都会的で洗練された曲調をリリースしたレーベル、CTIで活躍したプレイヤー、アレンジャーの流れ(Aとします)、マイルスの元で電化ジャズを経験したプレイヤー、アレンジャーの流れ(Bとします)の二つの潮流となったように思います。

そして日本でもBの潮流に類するようなハードでテクニカルなフュージョンに影響を受けた音楽があります。

日本を代表するギタリストである渡辺香津美。彼は1970年代こそCTIの流をくむ「スタッフ」や「ジェントル・ソーツ」のメンバ-と、都会的でスタイリッシュなフュージョンのアルバムをリリースしています。
しかし1980年代のアルバム「頭狂奸児唐眼」や「MOBO」などには、オリエンタルなテイストが色濃いのですが、一種の「思想」や「技巧」の部分でマイルスやウェザーの影響が感じられます。
「MOBO」のメンバーには、前述の「Weather Report」に所属していたドラムスのオマー・ハキムや、80年代に復活したマイルスの、一連のアルバムに参加していたベースのマーカス・ミラーなどが参加しています。
ただし渡辺香津美の展開した音楽は、そこに参加したメンバーが引き継いで発展させたとは言えなさそうです。
キーボードの笹路正徳などは今やスーパー・プロデユーサーで、あんな複雑でやや暗い雰囲気のフュージョンをやっていたとは思えないです。
サックスの清水靖晃は「サクソフォネッツ」でえらく芸術色の強いコンセプトを追求しています。グラサンで仁王立ちになり、狂ったようにサックスを吹いていた昔などおくびにも出していません。

もう一つ忘れてはならないグループが日本にありました。と言いますか現在もあると思うのですが「プリズム」というグループです。
1975年にギターの和田アキラによって結成され、その後1979年(だったか・・・?)に一旦解散したと思うのですが、その後もメンバーを代えながら存続しています。
ここで話題にするのは1stから解散ライブまでに発表された5枚のアルバムですが、ロック色の強い音作りと他のグループでは聴かれないキャッチーなメロディーの中で、複雑なキメやジャズ・テイストのソロなどが聴かれる、プログレともフュージョンとも解釈できる音楽を展開しています。和田アキラの超絶ギターはマクラフリンやアル・ディ・メオラと並ぶ日本のギター小僧の憧れであったと思います。

少々、脱線しましたね。話を戻しましょう。

つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

見に行きました

こんにちは。

プリズム、友人に誘われて見に行ったことがあります。
一番人気があったときだったでしょうか。
 ・(G) 和田 アキラ
 ・(Key)中村 哲
 ・(B) 渡辺 健
 ・(Dr) 青山 純
という面子でした。

超絶テクのギターとベースは確かに凄かったのですが・・・。

いや~、とにかく暗かったです。暗い、暗~い約2時間だったことしか覚えておりません。
(「金支払ってまでプリズムは絶対行かね~!」なんて思いました。)

そんな中で、きっちりリズム刻む青山さんのドラムに救われた気持ちでした。

今ネットで中村さんの記事を読ませていただくと、まあその頃は精神的にいろいろあったときのようで、何十年も経て納得しちゃったりしてます。

現在YouTubeで視聴できる和田さんの演奏は、結構メロディアスだったりしてますね。(でもあの雰囲気ではメジャーの場には出てこないよなぁ~^^;。)

んなことを「プリズム」というKeyWordで思い出しました。

少し中途半端でしたね

MiKiTaさん、いらっしゃい。

プリズムって中途半端なバンドっていう印象です。

キメとか各楽器の演奏技術は相当高度なものがあって、難しいこと好きの中や高のバンド小僧には憧れなんですが、じゃあ作曲技法上はどうか?と言えばそれこそビートルズ以降のポップスの延長みたいな曲で、複雑な和声やアレンジがされてるわけでも無い。

しかも、おっしゃるとおりとにかく暗い・・・。インスト・メインで編成まで同じの同時代のサディスティックスとかと比べると歴然とした暗さでしたね。

でも近所の楽器屋に和田アキラがクリニックで来場したときは、ギター小僧がめちゃくちゃ集まって真剣に質問してました。人気はあったんですよね。
一人、KYなやつが森園さんのこと聞いたら、少しイヤそうな顔してたのが吹いたという・・・変な思い出(笑

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。