スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピュアにフュージョンを追い求めるとは(最終回)

「フュージョン」という音楽の一ジャンルについて、そもそも「フュージョンとは?」をテーマにいろいろ考えています。

フュージョン誕生の背景には、都会的で洗練された曲調をリリースしたレーベル、CTIで活躍したプレイヤー、アレンジャーの流れ(Aとします)、マイルスの元で電化ジャズを経験したプレイヤー、アレンジャーの流れ(Bとします)の二つの潮流となったこと、また、Bの潮流は実に多用な潮流となっていったことをかなり脱線しつつ考察させていただきました。

最後にAが前回の説明のとおり現在のスムース・ジャズへと繋がっているのに対して、結果としてBの潮流は現在どうなっているのでしょうか?
私が思うに結局のところ、純粋な意味でフュージョンと呼んでいいのはAの潮流なのかもしれません。
夢の無い話で申し訳ないのですが、Bというのは凄腕のジャズ・メンが、単純にその混沌とした音楽を受け入れられた時代に食えた音楽を一過性のものとして演奏していたということでは無いでしょうか?

例えばチック・コリア。

彼は当初は新主流派ジャズの最先端と言ってもいいアイディアを提示して見せました。
しかしマイルスの元で電化ジャズを経験すると、すぐによりそれをポピュラーな形にしてみせます。
その後もフュージョンのブームの乗っていながら、1980年代のアコースティック・ジャズのブームの際には、新主流派時代のメンバー(ミロスラフ・ヴィトゥス、ロイ・ヘインズなど)を集めて、しっかりとバリバリのアコースティック・ジャズを演奏しています。
その一方でエレクトリック・バンド、アコースティック・バンドの二足の草鞋で、ジョン・パティトゥッチ、ディブ・ウェックルという若い才能を伴って相変わらずの影響力を発揮していました。

例えばジョン・マクラフリン

マイルスの「In a Silentway」「Bitches Brew」ではサウンドのカラーを決定付けるとも言っていいプレイを聴かせ、その後は自身がはまっていたインド音楽をロック寄りのサウンドに消化させた、「マハビシュヌ・オーケストラ」を率いてジャズ・ファンからもロック・ファンからも高い評価を受けました。
その後1980年代には、スペインの天才ギタリスト「パコ・デ・ルシア」とスパニッシュ色の強い「スーパー・ギター・トリオ」を組んだりします。これが当時のアコースティック・ジャズのブームも追い風となり大ヒットとなりました。
しかし同時期に「マハビシュヌ・オーケストラ」を再結成しますが、1970年代にはあれほどの人気と凄腕のメンバーを輩出したにもかかわらず、正直、それほど代わり映えのしないコンセプトが飽きられたのかパッとしない活動でした。

他にも「マハビシュヌ・オーケストラ」にビリー・コブハムの後任で参加したナラダ・マイケル・ウォルデンは、ウェザー・リポートなどでセッションマンとして活躍し、じょじょにポップス色を強めて懐かしい「ブラック・コンテンポラリー=ブラコン」の世界で活躍。今では押しも押されもしない大プロデューサーです。

ストイックにジャズ道(ってのがあれば、ですが)を追求するのも大切でしょうが、食っていく必要のほうが強いわけですから、同じような編成やテクニックを使いながら金になっている音楽があれば、そこに力を傾注するのはごく当然の成り行きでしょう。
まして彼らは直接的か間接的かは別として、当時、世界最高水準のマイルス・グループに所属した。というキャリアを持っているわけですから。

個人的には「こんな難しいことでもおしゃれに決められるよ!」って感じに聴こえるBの潮流のフュージョンよりも、シンプルな中に凝ったアレンジやノリの良いビートを持つAの潮流のフュージョンに心躍るのは私だけでしょうか?

そんなことを考えながら初期のフュージョン、クロスオーバーから移行していた時代の、ロックやポップスをやっているミュージシャンが一生懸命演奏したインストをイメージして一曲創ってみました。Aの潮流が好き!と言っておいて何ですが、どちらかと言うとBの潮流の曲になっているのは私がへそ曲がりなだけです(笑。

よろしければ聴いてやっていただけると嬉しく思います。

「Snowball earth」
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Aの潮流に心躍る

こんばんは。
フュージョンにも歴史あり、ですね~^^。

私は一応ギター小僧でしたのでマイルスさんは聴き込んでおりませんで、クロス・オーバーと言えばやはりギター弾き中心のマハビシュヌやイレブン・ハウスでした。

Jazz系のクロス・オーバーは「芸術」になってしまったのでしょうか。Bの潮流はより高度な音楽理論と超絶技巧に向かっていってしまい、ついに現在は一般大衆の支持を失ってしまったように思います。

「Aの潮流に心躍る」のは私も一緒ですが、それは現在のこと。
当時最初は、はやりこの超絶技巧とちょい難解な曲調に心躍っていたのも確かです^^;。
教授の曲を聴かせていただき、実は同じように(少なくとも当時は)「Bの潮流に心躍」っていたように思いましたが、私の勘違いでしょうか^^?。

楽しいお話と、楽しい曲をありがとうございました。

名選手、名監督には・・・

MiKiTaさん、いらっしゃい。

マイルスの電化ジャズはマクラフリンあってのものだったと思います。
じゃぁマイルスは自分の力じゃ何もできなかったのか?
そのとおり!マイルスはテクも知識も普通のミュージシャンなんですが、他人の実力を見抜き、うまくマネージメントする能力が人並みはずれて天才的だったんだと思います。

マクラフリンはロックの世界で、自分のインド音楽フェチをどう活かしたらいいかよくわかっていなかったのを、マイルスに見出されて活かすことができたわけです。

そう思って聴くとマイルスもおもしろいですよ。こ難しいですがお薦めです。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。