スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作「Snowball earth」創作に至った経緯と楽曲解説(2)

しかし、マクラフリンは渡米前からインド哲学にかなり深く傾倒しており、いつか大好きなインド音楽を全面的に取り入れたロックを演りたい、と目論んでいたようです。結果的に彼の試みはその驚異的なテクニックを伴ったパフォーマンスもあって、当時の聴衆には受け入れられ大きな成功をおさめたのでありました。
1970年代の若者文化についてはさすがにリアルで見聞した人間では無いのですが、マイルス・ディヴィスの一連の電化ジャズ、キングクリムゾンやイエスなどのプログレッシブ・ロック、リターン・トゥ・フォーエヴァーやウェザー・リポートなどのハードなクロスオーバー・ジャズ、そしてこのマハヴィシュヌ・オーケストラのような決して聴きやすいとは言えない音楽が受け入れられた、混沌としたものがむしろかっこいいと解釈された時代であったのでしょう。

今回の新曲「Snowball earth」は、そんな時代の音楽、特にマハヴィシュヌ・オーケストラの第一期を意識しつつ創作してみました。

冒頭で提示されるテーマは2コードの繰り返し進行の上で、ジャズの世界で言えばCで始まる「ハーモニック・マイナー・スケール5thダウン(HM5D)」と、Dフラットで始まるリディアン・スケールで構成しています。この2つのスケールの構成する音をCから始めて並べると
Chm5d C-D♭-E-F-G-A♭-B♭-C
D♭Lydian C-D♭-E♭-F-G-A♭-B♭-C
で一つしか違いがありません。ですからあまり和声の動きを意識する必要が無くテーマの構築、アドリブ・フレーズの構築が可能となります。
そしてこのCで始めたDフラットのリディアン・スケールは、インド音楽の音律である「ラーガ」のうちの「バイラヴィー」に非常に近い音構成になっています。実際、本家マハヴィシュヌの音楽の多くがこのラーガを使用しているように思います。
テーマ部分のリズムは9/8拍子を使っていますが、これもインド音楽のリズムである「ターラ」の考え方である複数拍子を繰り返す方法です。変拍子音楽がそれほど珍しくも無い現代ではどうってことないアイディアですが、1971年当時にマハヴィシュヌが複合拍子を多用した際は新鮮であったと思います。今回の作品では冒頭のテーマは4/4+1/8で繰り返されます。

その後、グループ・サウンズみたいなギターのアルペッジョをバックに、エレピがアドリブを弾きまくってますが、この部分は変な和音と複合拍子が連続してやや複雑な響きに聴こえます。
実際はギターのアルペッジョのトップ・ノートだけ半音づつ上昇させ、その他の構成音は適当にくっつけてベースを思いっ切りはずれた音にさせただけの、まったくのノー・ロジックなんですが・・・すいません。
リズムは3/8+4/8+3/8+2/8が繰り返されます。

殆ど実際に弾くのは不可能じゃないか?と思ってしまうようなユニゾンのキメが入ってギター・ソロです。

先にご説明したDフラットのリディアン・スケールにはCで始まるマイナー・ペンタトニックが含まれており、それをアドリブ・フレーズ構成の基本として展開すれば大体はらしくなるんですが、更に比較的親和性の高いGで始まるマイナー・ペンタトニックや、ごく普通にDフラットのリディアン・スケールを混在させればより緊張感のある、少し理知的なアドリブになるように思いま・・・せんか?
マクラフリンお得意のフル・ピッギングの速弾きを意識していますが、途中でトニー・マカパインの大好きなスィープも表現してみました。
少し無理のあるフレーズもあるような・・・。ま、いいか。

そしてドラムスのソロです。パラディドルを基本にしたコンビネーションとロールを中心に構成しています。ここは打ち込んでいても楽しいですね。やっぱり。

冒頭のテーマが再現されエレピのソロを挟んで繰り返してエンディングです。思ったより長い尺になったのでこれ以上の展開は考えなかっただけですが、録音されたセッションの元テープを聴きながら、ディレクターがザクザク編集したみたいな雰囲気、こういう尻切れトンボなところが1970年代ですよ。うん!

何言ってんだ・・・?
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。