スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作「Snowball earth」創作に至った経緯と楽曲解説(最終回)

タイトルの「Snowball earth」とは、古生物学や地理学でここ10年くらい議論されており、そのインパクト故に有名な「全球凍結」説から取っています。

この世にろくに生物もいなかった原生代の地球には
・ヒューロニアン氷河期(約24-22億年前)
・スターチアン氷河期(約7億6千万年~7億年前)
・マリノアン(ヴァランガー)氷河期(約6億2千万年前~5億5千万年前)
と呼ばれる氷河時代が存在したことが知られており、これらの氷河時代は赤道域まで氷床が及んでいたと言われています。つまりこの時代の地球は巨大な氷の球になっていたわけで、これを「全球凍結=snowball earth」と言います。

この環境下ではいったい地球の気温はいかほどであったのでしょうか?スパコンによるシミュレーションで算出された結果は
・北極や南極の極地でマイナス90℃
・赤道付近でマイナス50℃
というおよそ生命が存在できるとは思えない過酷な環境であったと推測されています。

ところで一昨年に「6億5千万年前の最古の動物(を構成した化学物質)の化石」の発見が新聞などで報道されました。それまでの地球上の生物進化の定説は大体以下のような考えです。

10億年前の地球の生物は単細胞生物が主体で、多細胞生物は小形の菌類などしか存在しませんでした。しかしマリノアン(ヴァランガー)氷河期(約6億2千万年前~5億5千万年前)が終了した原生代末、いわゆるエディアカラ紀には、エディアカラ生物群と呼ばれる大形生物が出現しはじめました。
エディアカラ生物群の中には長さ1mを超える生物化石も産出しており、この突然の大形生物出現と直近最期の「全球凍結」との関係について今でも議論・検討が行われていますが、いずれにしても「大規模な氷河期」=「全球凍結」の終了が生物の爆発的な進化に大きな影響を与えていると推論されており、実際にエディアカラ紀に続くカンブリア紀にはカナダで発見されるバージェス生物群や、中国で発見される澄江生物群が生まれたいわゆる「カンブリア大爆発」がありました。

これが従来の生物進化上の説でした。

ところがマリノアン(ヴァランガー)氷河期の過酷な環境の真っ只中で、海綿動物という大型の多細胞生物が存在した可能性が出てきたわけで、それまでは博物館などでも「「全球凍結」が終わったことで生物の進化が加速した」と説明していた資料や映像などは大幅見直しになるかもしれません。

インド音楽はラーガにしてもターラにしても、インド哲学の「輪廻転生」思想を具現化することを念頭に置くそうです。そんあことを貧困な宗教観で思い描くうちに、人智の及ばぬ壮大な自然現象を経ながら、生命は力強く創造され進化し続けたことに、改めて大いなる創造神の力を感じたものでした。
スポンサーサイト

テーマ : サイエンス
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。