スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ指定「ミステリー」を創ってみた…「黒死館殺人事件」(最終回)

今回のEWテーマ指定「ミステリー」を創りました。

よろしければお聴きいただけるとうれしいです。
「黒死館殺人事件」

今回のこちらの曲は主に米国で活躍する作曲家「ダニー・エルフマン」を意識して取り組んでみました。

ダニー・エルフマンに関する情報をいろいろ調べれば必ず目にする事項なのですが、彼は最も影響を受けた作曲家として「バーナード・ハーマン」を挙げています。すでに故人であるためご存知でない方も多いかと思われますが、幻想的でダークな雰囲気の楽曲の元祖と呼べる作曲家です。

バーナード・ハーマンが担当した映画音楽の中では1962年に制作された「恐怖の岬」のメイン・タイトルも印象が深いです。

とは言っても私はこの1962年制作の作品は未見でして、1991年にマーティン・スコセッシがリメイクした版「ケープ・フィアー」を観ています。
ここでは音楽はエルマー・バーンスタインが担当していますが、オリジナルのハーマンーのスコアをほぼそのまま使用しているそうです。

映画はレイプ事件で服役していた元囚人(ロバート・デ・ニーロ)が出獄する場面から始まります。
場面は変わってアメリカの典型的な幸福家族が登場します。主人はニック・ノルティ扮する弁護士で妻と娘がいます。この家族につきまとい法律ギリギリの嫌がらせを始める元囚人ですが、弁護士が八方手をつくして何とか対処しようにも実に巧妙な元囚人の嫌がらせにより、逆に社会的にも家庭的にも追い詰められていく弁護士。
この弁護士はこの元囚人のレイプ事件の弁護を担当しておきながら、あまりに元囚人の犯した事件が許せないことであったため、あえて重い罪になるように仕向けたのでした。そしてそれを逆恨みした元囚人は服役中に体を鍛え、法律を勉強し、復讐の作戦を練って実行をしたわけです。
冒頭からの弁護士と元囚人との心理的駆け引きと最後の手に汗握る闘いまで、サスペンスフルな内容で見ごたえがあります。

旧作で元囚人を演じたロバート・ミッチャムが、弁護士に頼まれて元囚人に難癖をつけて取り調べる刑事役でカメオ出演しているのも楽しいです。

で、ハーマンです(笑。
ここでは管弦楽で豪快壮大に鳴らされる単純な下降音形が、冒頭ののんびりとショッピングを楽しむ弁護士一家の場面にかぶさり、不気味なまでの緊張感を表現します。一度聴いたら耳から離れないようなその音楽。サイコにも共通していることですがそれだけで聴いても大した技巧も感じられないのですが、画面とシンクロさせて聴くことで実に効果絶大で、これこそが劇伴だと思わされます。

「タクシー・ドライバー」の録音直後にバーナード・ハーマンは逝去します。1950年代から60年代前半にヒッチコックとともに一世を風靡した彼も、ヒッチコックと喧嘩別れをした後は英国に拠点を移し(ヒッチコックが英国から米国に移ったのとは逆なのが笑える)、指揮者としての活動を主軸にしていましたが映画音楽の世界では地味な活躍でした。
ヒッチコックの信奉者であるフランスのフランソワ・トリュフォーや米国のブライアン・デ・パルマは、ヒッチコックと袂を分かったハーマンを自作の音楽担当で起用しています。しかしヒッチコックとのコラボほどの活躍とは言えず、1975年のタクシー・ドライバーで再評価されつつも64歳という決して長くは無い生涯を閉じます。

先日、現在も大ヒット上映中のティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行き、ダニー・エルフマンの音楽を映像とともにじっくりと楽しんで参りました。決して技巧ばかりに走るわけでも無いのに盛り上げるところは盛り上げ、幻想的な場面、暗い場面、コミカルな場面とくるくるとイメージを提供してみせる楽曲に酔いながら、そこかしこに感じられるバーナード・ハーマンの影響も感じられたものでした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画音楽
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。