スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発表会の準備しなきゃ!

来年の4月か5月に発表会があります。

って、何の発表会かと申しますと、家内がピアノを教えている生徒さんたちの所謂「ピアノ発表会」です。
以前にこの場でも書かせていただいたのですが、この発表会は2年に1回の頻度で、家内とその学生時代のお友達との共同で開催しています。
家内はもっぱら大学の授業や個人で伴奏をするのがメインなので、生徒さんはほんの数人しか持っておりません。しかしせっかくピアノを習えば、お姫様のような格好をしてご両親やご祖父母に披露したいのが人情です。かと言って数人の生徒さんで会場代やらPA代やらを分担しては高コストなので、生徒さんをたくさん持たれている友人に混ぜてもらっているわけですね。

実は私は前々回、もうかれこれ3年前の開催のときに、一度だけ舞台で独奏ピアノを披露しています。自分の子供たちと連弾で舞台に上がったため、ついでに独奏もやっちゃえ!と勢いで出たのですが、これが結構、好評であったらしいのです。
前回、つまり去年の開催では出演しなかったら、生徒さんのお母様やら生徒さんやらが「なんで出ないの?」と聞いてこられて、それなら来年の発表会には出演しよっかなぁ・・・。と目論んでいます。

曲目ですが、前回出演した際はスペインの作曲家マニュエル・デ・ファリャの「火祭りの踊り」という、バレエ音楽のピアノ編曲版を弾きました。
今回は同じくスペインのエンリケ・グラナドスの「アンダルーサ」を予定していますが、ただ比較的短い尺の曲なので、もう一曲は自作を演奏しようかなぁ。なんて考えています。

割と最近まで「ナポリの市場」という曲を演奏するつもりでいたのですが、半年位前にE-Windでも公開させていただいた「Riverside walkway」という曲に心変わりしてしまいました。理由は

・自分で言うのも何ですが、演奏技術的にはどちらも結構たいへんな曲です。
・聴きごたえの面では、シンコペーションの強いリズムが印象的な分「ナポリ~」のような気がします。
・ただ「Riverside~」のほうが小粋と申しますか、少し大人な雰囲気があります。

結論を申し上げれば、カップリングする「アンダルーサ」が結構リズムがうねるような曲で印象が強いので、穏やかな曲調の「Riverside~」が合うかな?ぐらいの理由です。

今日からさっそく楽譜を書いていきます。元はmidiで打ってあるだけで、しかもピアノ独奏の場合、私はトラックを4つ使うので、さすがにこれを見ながら演奏するのはきつくて、手書き楽譜で対応しようと思っています。
ただ昔から楽譜を書くのが嫌いで嫌いで・・・。勤務先から帰宅してから書くということもありますが、せいぜい一日10小節くらいしか書く気がしません。これがmidi打ちだと早いんですけどねぇ。
100小節ちょっとあるんで2週間くらいかかる計算ですが、そろそろ練習もしなくてはいけないのでがんばらねば。

ところで、楽器屋さんとかに行けばひょっとして販売されているかもしれませんが、一般の五線紙って大譜表を書くには少し不便です。五線と五線の間の余白が均一なんですよね。個人的には二段おきに余白が少し広い方が大譜表を書くには都合が良いので、今回はエクセルで罫線を引いて自作した五線紙を印刷しました(笑。

スキャナーを持っていないのでできるかどうかよくわからないのですが、ご訪問くださる方々からリクエストが多ければ、手書きで見難いかもしれませんが完成した楽譜はどっかにアップしようかと考えています。

スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。