スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそりコラボについて

今回、Project EATAさんというボカロ曲およびそのためのイラスト・動画を創作しているグループのコラボ第四弾に参加(ってほどでも無いですが・・・)しました。

初音ミクオリジナル Feminity

所謂DTMを趣味として3年半くらいになりますが正直、人付き合いが苦手と申しますか、バンドを維持していく努力や忍耐がイヤで DTMを始めた。という後ろ向きな人間ですので、今までコラボとかプロジェクトとか経験があまりありませんでした。
そもそも自分の能力や技術に大した自信も無いのでコラボなんておこがましい事と思っていました。と言うか今でも本音ではそう思っています・・・。

今回のコラボにお声がけいただいたのはEWでもお馴染みのendyさんです。実は以前もインスト物で一度だけコラボをさせていただいたことがございました。

今回は
・A、B、サビの各メロを支えるクリーン・ギターによるカッティング
・歪みギターによるリード
・2回目Aメロに変化をつけるためのスペイン風のギター伴奏
・Dメロを支えるアルペッジョ・ギター
を担当しています。因みに私は実際はギターを弾けませんのでこれらはmidi打ち込みで対応しています。

エフェクトはEQくらいはかけておこうか?とも思いましたが、全体のバランスがわからないためendyさんのミックスにおまかせして私は一切処理していません。
endyさんはミックスに関して私なんかは足元にも及ばない権威ですので。

endyさんから最初に送られてきたデモ・トラックは、全体の尺の調整や基本のアレンジは完了していましたが、使用される音色は未考慮の状態で先行き不透明。更にご依頼内容は「ギターのアレンジ」というだけでかなりアバウトな話でした。

そうなると私のような理論偏重人間は「楽譜無いんかい!」と思うわけです。

今だから言っちゃいますが、いただいたコード譜はいきなり最初の2小節であり得なく間違っていまして、送られてきたSMF だけが唯一の和声判断の手がかりでした。で肝心のSMFですがこれがまたコードがわからないんですよ(笑。メロディーの音とコード構成音が明らかにはずれていたりベースすら非和声音だったりして、しかし聴いてる分にそれほど違和感が無いのがある意味凄くて、逆に自分にはこういう曲は創れないよなぁ・・・なんてホント感心したり不思議がったりしながら、無理やりコードの流れを理論付けしてアレンジを進めました。

よくJ-Popやロックの世界で楽譜も読み書きできない。3コードに毛がはえた程度でそれより難しいコードは弾けない。だけどヒット曲を連発しているアーティストが現実に存在します。
以前にTVで見てぶっ飛んだんですが、クレイジーケンバンドの横山剣さん。ポータブル・キーボードの前でなんか暴れながら弾いて歌って、それをカセットテープに録音して、すぐにバンド・メンバーのところに持っていって聞かせて、「はいセッション始め!」で曲が出来上がってくるんですが、今回のコラボ第四弾を自分でいろいろ検証しながらギターを入れていく工程で、同じような感覚があるなぁと妙に納得したもんです。ケンさんのサポートをしているミュージシャンの苦労と言うかセンスみたいなのがわかる気がしました(笑。

私はテクノとか創ったことが無いので知識も無いのですが、サンプルを組み合わせて1曲完成!なんて作曲手法をよく耳にします。世の中にはこの手の曲創りのためのサンプルは非常に豊富らしいです(「らしい」ぐらいの知識しかありません)。しかしいくらモノホンの音をいろいろな条件でサンプリングした物とは言え、あらゆる調性やリズムを想定して対応しているわけもなく、よくそんなもんで曲が創れるもんだと感服しつつも疑問に感じていたのですが、悪い意味では無く「総体でOK」なら「曲としてOK」な創作手法もあるんだとおぼろげながら理解しました。

今回のコラボ第四弾もそんな側面があるように思います。
なんにしても楽しい経験ではありました。

最初にendyさんにお渡ししたギター・アレンジは少しカッティングがうるさかったんですよ。単に私がファンクとかジャズが好きなんで、「チャンカチャンカ」と細かくビートを刻むギター表現をしがちなだけですが、endyさんから「変化が少ない」とご指摘を受けて、Aメロ部分はファンクのギタリストが我慢しつつレゲェをやってるみたいな風に見直しました。
最初にendyさんから送られてきたデモはバッキングをずっとエレピが担当していましたが、そのうちにendyさんがそれをアコギに差し替えられたので、余計に「チャンカチャンカ・ギター」ではうるささが際立ってしまいます。つまり音色が似てるんで何やってんのかわからなくなるわけです。そういう意味ではendyさんのこのご指摘は正解であったと思います。

あとリードを所々で爆発するみたいに入れたらそれはそれで気に入っていただけて、ただそれとの対比という意味だと思いますが、endy さんから1回目と2回目のテーマのブリッジにスパニッシュを入れてくれ、と。「スパニッシュ」の意味がフラメンコみたいな「ジャジャジャジャジャジャ・・・・」ギターなのか、「アルハンブラの思い出」や「禁じられた遊び」みたいな「スペイン民謡風ジャララララン」ギターなのかよくわからなかったのですが(と言うお前の表現がよくわからないよ!という突っ込み無しの方向で・・・)、まぁいいか・・・でパコ・デ・ルシアならこう弾くだろう。とばかりに少し技巧的なアコギの短いソロと、2回目のAメロのバックでボーカル無視の伴奏を入れました。怖くて聞けないのですが本当にアレで良かったんすか?endyさん・・・。
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりのカキコミだす(;0;)v

つか、「コラボ」お疲れさま。
いつの間にか完成してたんですね(笑
何気に、「教授」と路線的にまた違った方向性(今回は一応ジャズというコトですが)でしたので、楽しみ半分、ドキドキ感半分で、どんなんになるんかなぁ・・・と、投稿待ってました。
「ニコ」の評価もまぁ、いい感じで、
・・・つか結局あそこの評価って、ちょっと偏ったトコあって、たぶん「実音楽」とはなんとなくかけ離れた評価な感じもするんですが;;;

まぁ、とりあえずは「お疲れさま」です。


つか、「教授」って「コラボ」とかどうなんです?
僕も去年(リアル:なんかトランスもの、リズム面担当)と今年(「EATA」:英詩担当)とやってみたんですが、正直しんどかったです;;;;汗
たぶん1対1ぐらいの少人数なら、まだ言いたいコトとか、自分の個性や趣味を出せると思うんですけど、大勢でやる「コラボ」って、なんとなく気を使ってしまって、実は自分としては「こうやりたい」と思っていても、あちら様こちら様に遠慮がでてしまい、結局蓋を開ければ
「なんかようわからんけど、不完全燃焼・・・Orz」みたいな・・・。

ぶっちゃけ僕の場合は音楽的「技術」も「知識」もなかったんで、それも気持ち的にしんどかったのもあるんですが・・・ね。

たぶん僕は「バンド組む」となれば、いろいろ余計なコト考えて挫折してしまいそうな・・・・、気ぃ使いなヤツです。

ちなみに僕も「EATA」の時、先に仮オケは上がってたんですが、肝心のメロがまだ決まってなくて(いや、決まってたのかもしれませんがよくわからなかった;;;)、とりあえずendy師匠が「英詩創って!!」って、
「Σ!?まじっ」(?0?;{あぼ~ん
感じでした(笑


まぁ、できあがったの聴いたら自分が口ずさんでいたメロと全然違ったんですけど、それはそれ「AV」さんが、「完璧な形」として出してきたんで
そりゃ「びっくらこいた」もんです。「どうやったのコレ???」って感じです(笑


今は「リアル」で仕事以外にちょこちょこやってるボランティアが忙しくなってきて、結局「EATAコラボ」は脱退してしまいました。

やっぱ、ぼちぼち、空いた時間に自分の好きなように、いろいろ研究しながら、ちまちま創るのが自分的には向いてる気がします。


・・・なんか後半、僕のコトばっかになってしまいましたが;;;、
個人的に今回の「ニコ」の作品、好きです、あ、Vo.がもっと聴き取りやすければもっと好きなんだけどな(;0;){ぽそっ


「勉強会」「コラボ」と、お忙しい「夏」でしたね。


「お疲れっした!!!」


コメありがとうございます

影清さんこんにちは。すんません。最近ツイッターばかりでこちらはとんと来てないんで、コメントに気づきませんでした。

コラボは、まぁ今回はギターのトラックをちょこちょこやっただけで、endyさん以外のメンバーさんとはまったく関わりがなくて、そもそも全部で何人くらいのPJかもどんな役割分担かも存じ上げないくらいなんで、逆に影さんほど「自分を抑えて」とか「意見が言えない」とかのジレンマは無かったですね・・・。

なにせ私もendyさんも結構仕事が速いんで、デモをいただいて3日くらいで最初のトラックを送って、次の日にはミックスされてて、その2日後くらいにendyさんの指示を反映したトラックを送って、その次の日にはミックスされてて・・・。で結局は実質10日ほどおつきあいした程度でしたから、あまりコラボしたとかいう感慨も無かったのが事実です。

できあがりも最終形を公開の2ヶ月前くらいには事前にいただいちゃってて、動画が付いたのが新鮮だったなぁ。という感じでした。

ニコで活躍されてる方々はほぼ存じ上げませんが、確かにコメを見る限りではどこが評価されている視点なのかよくわかりませんね。音楽というよりトータルのファッションと言うかもっとモヤモヤした雰囲気や世界観が重視されてる気がします。

特に積極的には入って行く世界では無いと思いますが、また関われれば楽しいだろうとは思います。

あと最近、yebisuさんとMiKiTaさんとコラボ中です。その後はEWのギター・フリークが集ってセッション大会をする予定です。もちろんリアルに集うんじゃなくネット上ですけどね。

また是非いらしてください。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。