スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターを買っちゃいました

ギターを練習する!と宣言しましたが、ネタでも無ければ「エア・ギター世界チャンピオン」を目指すわけでも無いので、当然ですがギター本体が必要です。

ギターと一言で言っても「禁じられた遊び」で有名なガット弦の「クラシック・ギター(通称クラギ。麻衣ではない。あ、あれは倉木か・・・)」。フォーク・ソングで有名なために「フォーク・ギター」とかつては呼ばれてた、「スティール・ギター」とか「アコースティック・ギター(通称アコギ。性格が悪そう・・・)」と呼ばれるもの。などいろいろです。

今回は私は若大将に象徴される(されねぇよ!)エレキギターを練習したいと思っています。

さっそくエレキを買いましょう。と、ここで問題が!

いや、そんな大げさでも無いんですがエレキにもいろいろありまして、まぁボディーが空洞の「セミ・アコースティック」や「フル・アコースティック」は別にしても、ボディーがむくの「ソリッド・ギター」にもいくつかの種類があります。

代表的なもので自分がある程度違いがわかるものは
・レスポール
・テレキャスター
・ストラトキャスター
・SG
・RG
・ムスタング
です。

因みに余談ですがSGは一応ギブソンの方を想定していますが、少年時代のフュージョン全盛のころ、「高中正義」とか「野呂一生」とかの日本のギタリストがYAMAHAのSGを使用しているのを目にしていました。そう言えばカルロス・サンタナも使ってましたね。かなりカネ貰ったんでしょうか?イヤイヤ・・・。
更に余談ですが高校時代に組んでいたバンドのギタリストは赤のSG-2000を使っていましたが(げげぇ!今考えると金持ちのボンボン!)、とにかくやたら重いギターでした。

さて。自分が弾くならどのタイプのギターを選ぶべきでしょうか?最初に目標は立てない!と言い切ってはいますが、そもそもはDTMで曲創りをするにあたり、時にはギターを実演して録音したものを入れたいというのが第一の目的です。しかも自分の作品は結構ジャズやファンクのテイストを持ったものが多いと自分では思います。まぁいろいろ創りますが・・・。
そうなると一番需要のあるのはコード・バッキング。しかもカッティングを多用しそうです。

必ずしも正解ではありませんがカッティングということであれば音の出力はさほど大きい必要は無く、むしろ歯切れのよいクリーンな音が重視されます。ギター界(?)で人気を二分すると言えば「レスポール(以下LP)」と「ストラトキャスター(以下ストラト)」でしょう。LPは元々ジャズ・プレイヤー向けに設計されたとのことで、その特徴はハムバッカーを搭載して出力を増していること。そのために音質が非常に温かみがあるとのことでリード向きのギターだそうです。対してストラトは3シングルコイルを搭載して高音の強い明るい音色で、どちらかと言えば歌物のバッキングを想定しているとのことです。
最もこれは飽くまでも1950年代の音楽事情での想定です。

LPがジャズで受けたか?と言えばブルースなどではすっかり定番と思いますが、ジャズメンは相変わらずセミアコで演奏する人が多いです。当時のギブソンのマーケティングは結果的にははずれた訳ですが、出力の大きさが要因でしょうか?現在ではロッカー憧れの楽器ですね。
ストラトは確かにクリーンな音色でアルペッジョを弾くと美しさ無限大ですが、音の明るさが逆に細かいニュアンス表現向きと考えられるのか?ジェフ・ベックやエリック・クラプトン、リッチー・ブラックモアなどのテク自慢で、しかも歌心のあるプレイヤーがこぞって愛用しています。

と、結果はどっちでもそんなに変わらないかな?とか考えながらも、「バッキング主体ならやっぱストラトだな」とあまり深くも考えずに決めてしまったのでした。

楽器屋に行って買うのが普通なんでしょうが向こうも商売です。いかにもそこそこ金出しそうなオヤジが「初心者ですが・・・」と行けば、普段は理想は高いが所得は低い若造相手でウンザリの楽器屋のニィちゃんも、ここぞと「高いけど一生モンですよ(ニコニコ)」とフェンダーUSA以外はケースから出して来なさそうで怖いです。

そこで、こんな引っ込み思案(人嫌い)な私の強い味方であるネット通販を利用します。ただし中古やアウトレットは現物確認ができない以上は避けたいので
・本体1万円前後で
・新品で
・ストラト(のコピー)
を探します。あ!すぐに見つかった。

「初心者 ギター」とか検索ワードを入れてやると、イシ○シ楽器とかサク○楽器などの初心者向けの安価ギターのサイトがこれでもか!と引っかかります。
Selder、Mavis、Photogenic、Playtechなどの初対面のブランドが、アンプやらチューナーやら10以上もの付属品とセットで1万円前後で軒を並べますが、このうちの「Selder、Mavis、Photogenic」はどう見ても同じ製品。販路の違いなどでブランドを使い分けているようです。
もう2~3万円くらい出す気があればフェンダーでもジャパンとかSquireなら手が届きますが、どうもそこまでは気が進みません。かと言って前述のブランドは悪くはなさそうですが良くもなさそうな微妙な立ち位置で手を振ってます。
「もうちょい選択肢無いかな~」とネットを流離う私の目に「Elioth」というブランドが飛び込んで来ました。

サイトとは言っても専用サイトはどうやら持っていないらしく、楽天に出店する形で製品の紹介・販売をしているようです。米国のメーカーのようですが日本で販売開始したのはどうも2010年に入ってかららしく新規も新規。しかしPRではいろいろ書かれています。
曰く
・ストラトタイプ(米国ではLPやSGタイプもあるようですが)
・ネックがハードメイプル材使用
・ナットは牛骨使用
・ブリッジはウィルキンソン製
・フロント、リアにシングル、リアにハムバッカーのピックアップ
・ペグはダイキャスト製
・で本体10,900円
つまり有名メーカーのフラグシップと同等までは行かないけど、いい加減な材料でコストを抑えるのではなく飽くまで流通を改善することでコストを抑えているという触れ込み。デモの音を聴いても前述のPhotogenic、Playtechとはだいぶ違いがあることがわかります。

ピックアップがストラトタイプにもかかわらずハムが載せてあることもポイントでしょうか?目指せヴァン・ヘイレン!

2010年5月に販売開始した際には恐らく在庫もそれほど無かったんでしょう。即売したらしく8月の売り出しも即売状態。ようやく最近に安定供給できるように在庫を揃えたようですが、それでも私がサイトを確認したときにはサンバーストのメイプル指板のものは売り切れでした。クラプトン好きが買い漁るんかな?

一応、チューナー、ヘッドフォンアンプ、交換弦 他 いろいろ付属したセットも販売されていて、まぁ住宅事情や別にバンドを組む訳でも無いことを考慮して、ヘッドフォンアンプの付属される13,800円のセットを検討しつつ、ここはネットで評判を確認します。

さすがにまだ販売されて日も浅いためかYoutubeなどで「Elioth弾いてみた」的な動画は少ないですが、買った人のレビューは少ないながらも発見できて、特に「ダメ」扱いの評価は見られません。あまり考えてもアレなんで翌日にはポチッてしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

弦張り

おはようございます。

まずは、弦張りとチューニングですね。

http://www.youtube.com/watch?v=Xa82TYWk6Iw
http://www.youtube.com/watch?v=im7GVpMSlQM

やはり1番目の張り方でしょう、というよりこれしかやったことないです(汗。
2番目の張り方、やったことないです。
3番目はFenderJapanしか出来ないとか・・・。

あと、オクターブチューニングもお忘れなく。

では、また。

わぉ!

わぁ!MiKiTaさん、さっそくいろいろありがとうございます。

弦は最初から張ってもらってて、成毛さんの最初のやりかたでした。

チューニングはさすがに狂ってましたので、付属のチューナーで・・・。と思ったら使いかたがわかりゃん。
普通にAの音をとってあとは5フレット押さえながら合わせました。管楽器よりは楽ですが、弾いてると結構すぐ下がっちゃいますね。弦も新しいと伸びるらしいですし。

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。