スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターの花形「コード・バッキング!」

エレキギターを練習するのですが、指を動かすこととともに、ギター演奏の花形である「コード・バッキング」も練習しなくてはいけません。

教則本には基本的なコードということで以下が最初に掲載されています。

G、D、C、Em、A etc.

ネットとかで調べると多くのギター有志が「F」のコード(ピアノだとファラド)で挫折するそうです。何でだよ。って考えたらFの構成音って開放弦でカバーできる音が一つなんですね・・・。必然的に最低でも5本の弦の何らかのフレットを押さえる必要が出てきます。素直に考えると
・第1弦=開放E→1フレット目を押さえてFに
・第2弦=開放B→1フレット目を押さえてCに
・第3弦=開放G→2フレット目を押さえてAに
・第4弦=開放D→3フレット目を押さえてFに
・第5弦=開放A→そのまま
・第6弦=開放E→1フレット目を押さえてFに
とするのが考えられます。

しかし指は5本。しかも親指は概ねネックの裏で一生懸命ギターを支えていますから実質4本。それで上のフォームを実現しようとすると最低、弦5本を押さえる必要がありますが、指4本では当然すべては押さえられません。そこでFのコードは恐ろしい離れ業でカバーをすることになります。1フレット目を人差し指で全部押さえるところからスタートします。セーハとか言うそうですがこれがキツい!どれか1、2本の弦は押さえ方が不足してミュートのように悲しい音になります。きちんとセーハすれば各弦の音は第1弦から「ファ、ド、ラ♭、ミ♭、シ♭、ファ」と変化しますが、これではFのコードの構成音は「第1弦:ファ、第2弦:ド、第6弦:ファ」の3本のみ。ということは他の3本も含めて以下のようにしなくてはいけません。
・第1弦=セーハしてF→そのまま
・第2弦=セーハしてC→そのまま
・第3弦=セーハしてA♭→更に2フレット目を押さえてAに
・第4弦=セーハしてE♭→3フレット目を押さえてFに
・第5弦=セーハしてB♭→3フレット目を押さえてCに
・第6弦=セーハしてF→そのまま

ひゃ~!結局セーハしているお母さん指を含めて残り3兄弟総動員です。ノッポの兄さんは猫背のように指を丸めて第3弦2フレット目担当。「オスオス」という元気な掛け声も「ゼェゼェ」苦しそうです。おしゃれな姉さんはアラアラウフフと言いながら「えいっ!」と背伸びして第5弦3フレット目。かわいい赤ちゃんも寝かせてなどもらえません!働かざる者食うべからずと第4弦3フレット目でお姉さんの下に潜り込みます。アラアラ・・・。

セーハは思い切り指板に押し付ければいいというもんでは無いようで、関節でどうしてもできる隙間を埋めることが早道に感じます。そこで手首を少し返して間接の隙間が無い指の横腹を指板にあてました。残りの3本の指にはただがんばってもらうのみです。

何とかFのコードのフォームを作りジャランジャランと適当ストロークをしていると、家内が目の前を通りかかります。

「ねぇねぇ!これ!一番難しいコードの押さえ方だってよ」
と話しかけるとアッサリ。
「あぁFね。」
「へ?知ってるの?」思わず聞き返す私。そんな・・・我が家で最初のギタリストはオレじゃねぇのか?
「昔フォークをやったし、禁じられた遊びも弾いたし、だいたい音大の副課がヴァイオリンだからギターぐらい弾けるわよ」
「・・・ぐ!・・・」
せっかくFを押さえて喜色満面だった私は急激にしおれていきます。家内は追い討ちをかけるように
「Emとか楽なんだよね。2本押さえるだけだよ」とか言ってきます。
Em?確かに。殆ど開放弦でいけそうだな。と考えてみました。
第4、5弦以外は開放でOK。しかも第4弦D音→2フレット目でE音に、第5弦A音→2フレット目でB音に。こりゃ楽だ。
憮然としてEmをジャランジャランと投げやりにかき鳴らす私。ふと
「あ、そうそう、第4弦を開放にしてやるとEm7だね」
とさり気なく言うと家内はキョトン。
「そうだね・・・。よくわかるね」
「だって構成音から考えりゃ簡単じゃん。それから第1弦の3フレット目を押すと・・・ほら!Em9だ!」
コードの構成音がパッパと浮かばない家内は逆に憮然として
「いいね。そうやってコードがすぐ浮かぶ人は・・・」
やった!逆転のチャンス!
「Emのフォームで第2弦の3フレットを押すと・・・ほら。ムード歌謡の終わり方(Em6)。ホーホホホ!」

何とか亭主の面目は守ったのでありました。
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

夫婦の

会話の話題が
ギターのコードだなんて
うちではかんがえられんですね
娘となら少しの可能性がありますが
いいですね夫婦で楽器の話が出来て!

妻が・・・

音大卒というのも自分が作曲や演奏する上では少し邪魔なときもありますよ。以前もバイオリンの打ち込みをして満足気に聞きなおしていたら一言。
「バイオリンってGより下の音は出ないよ・・・」
全打ち直しになったのは言うまでもありません。

昨日もメカニカル・トレーニングをしていると
「移弦のときに音が極端に変わっちゃうね・・・」

イヤ、だから練習してんじゃん!

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。