スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりギターはカッティングか?

ギターが家に届き練習を始めてから20日くらい経ちます。

特にカリキュラムとか理解しているわけでも無いので、ネットや書籍で見聞きする「有効な練習」を行き当たりばったりにこなすようにしています。

大体、毎日以下のようなメニューです。

1.左手を5から7フレットくらいでミュートにして、右手をあまり弦の本数は考えずストローク(10分くらい)
・八分音符BPM50くらいから始めて160くらいまで→はっきり言って50~70くらいが一番難しいです
2.少し手が温まったら6弦の開放(E音)から上昇する半音階弾き(10分くらい)
・こちらも八分音符BPM50くらいから始めて120くらいまで
3.上昇はそれほど難しくないので下降も練習します。これはかなり難しいですので現在はBPM90くらいが限界です(15分くらい)
4.6弦の開放(E音)から上昇するハ長調のスケール(10分くらい)
5.6弦の3フレット(G音)から上昇するハ長調のスケール(10分くらい)
・ハ長調のスケールはスタートする場所から5パターン(数え方では7パターンだそうですが)あるのですが、現在は2つのパターンを眠ってても弾けるまで弾きこむつもりです
6.コードチェンジがまだ全然なのでC→Am→F→G7の王道進行を8beatのストロークでBPM70くらいで弾きます(5分くらい)
7.16beatのカッティングの練習(20分くらい)
・右手のストロークと左手の「ミュート←→弦を押す」のタイミングが揃うように、コードフォームは意識せず、5フレット目をセーハしてシンコペのリズムを刻みます

以上はほぼマストで、あとはその日の気分で重点ポイントを決めて弾き込みます。

しかし、いろいろ練習するとそもそも自分はギターで何をしたいのか?という根源的な自問自答が心を逡巡します。

単音のメカニカル・トレーニングを徹底してメタラーのような速弾きがしたいのか?
ファンクやフュージョンで聴かれるタイトでノリノリのカッティングがしたいのか?
ブルースで聴かれる泣きを極めたいのか?

元々、自作の曲にギターを入れたい。というのが目標であります。これは最初からブレてはいません。そして自分の作品はジャズやフュージョンをベースにしていることは既に確立した事実です。ですからやはり自分はギターでカッティングをかっこよく決めたいと思います。

という事でここ数日は7.の練習を重点的にしていますが、なにせコードを弾いているわけではないのでそりゃあもう退屈です。そもそも練習とは楽しいもんではありませんがそれにしてもつまらないにも程があります。

そこで得意のアレンジです。って言う程ではありませんが、少しファンクっぽいオケを打ち込みで創り、それにあわせてギターをひたすらカッティングすることにしました。弾いてみるとこれがなかなか楽しく遂に録音までしてしまいました。

とりあえずハ長調やヘ長調くらいならごまかせそうなカッティングを、工夫の欠片も無いオケに乗せて弾いてみた

オケ創ってる時間で15分くらいは練習できたんじゃ?ましてミックスした時間で30分はあったんじゃ?とか言う人は嫌いです!
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。