スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムカつくカミナリさま

先日、家族でたまには外食しようや。ということで昼食時間帯に、近所の「CASA」というレンストランに行って来ました。

ご存知かもしれませんが、まぁ所謂ところの「洋食」を提供するファミレスですかね。

ハンバ-グやらトンカツやらを注文し、ひとしきり食事をしますとそろそろ出るものを出さねば。と私はトイレに立ちました。
この手の店ではよくある配置ですが、入り口を入ったところにトイレがあります。用を足そうと扉に手をかけますと先客が入っているようで、錠のところに赤いマークが見えます。
仕方なく空くのを待つことにしました。

そのトイレの入り口の向かいには公衆電話が置かれていました。最近では携帯電話がごく当たり前に普及しているので、公衆電話なんて誰も使わないだろうな・・・。なんてとりとめのないことを考えておりますと・・・

来ましたよ。高木ブー!

がカミナリさんに扮したときにそっくりのおばちゃんが。

「ケイタイなんて小難しいもんはわからんよ!」
といったところでしょうか?公衆電話に今ではコレクションすら下火のテレカを入れて、電話をかけ始めました。

「ああ、わたしだけどね。今さぁ、あの店に来てるんだよ。」
相手はご家族かご友人かわかりかねますが、さすがに「あの店」ではわからないらしく、このカミナリさま・・・じゃない。おばさまは早口で店の説明を始めました。

「ほらほら。あの大通りから少し入ったところにあるレストラン。え?だからレストラン。ご飯食べるとこ!」
まぁ、レストランは食事するところですね。確かに・・・。
「わからない?なんで?だからあの白い建物」
白い建物って、あんた。メンタル・クリニックじゃないんだからさぁ。

あまりにそのじれったい会話に、笑いをこらえながら思わず眺めておりますと、そのカーリー・ヘア(風のパーマ)のあばちゃん。あろうことか受話器の会話口を右手で押さえると、私に話しかけてきました。
「ちょっと、お兄さん。この店、何て言ったっけね。名前。」

んなもん店員に聞けよ。と思ったりしましたが、一応、紳士をきどって慇懃に答えました。
「CASAと言います。」

・・・。おばちゃん。無反応。

「えぇと、CASAと言うお店ですよ。」

ちょっと声が小さかったかな?と思い少し音量を上げて答えました。
しかしそれでもおばちゃんは電池が切れたみたいに静止し、虚ろな瞳で私を見つめています。背後霊でも見えるのか?

ややあっておばちゃま。受話器に口を戻すとまた話始めました。
「ちょっと聞いたけど何言ってるかわからないんだけどね。とにかく通りの奥の白い店よ。白い。」

ちょっと待てぃ!人に物を聞いといてその言い草はねぇだろうが・・・。

こちらの精一杯のメンチも気にせず、有意義に会話を終えることができたのか、おばちゃんは満足げに電話を切ると立ち去って行きました。


尿意も忘れてムカつくevnc_chckでした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。