スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜界の偽装王(最終回)

head_cmpr.jpg
東京の上野にある国立博物館で開催していた「大恐竜展知られざる南半球の支配者」に行って参りました。開催期間が2009年6月21日までだったのですが、もう終了しているので言いたいことが書けると思いまして、今回、思ったことを。

前回はこの恐竜展の目玉であるマプサウルスを紹介いたしました。

ところでこの記事に添付している画像をご覧ください。画像の向かって左上が今回の巨大肉食恐竜マプサウルスの頭骨部分です。なにせ13mもある生物ですから、頭も展示台を含めて4mくらいの位置にあるので、一生懸命手を伸ばして撮影しておりますがややピンボケですいません。

恐竜の頭骨は人間と違っていくつか穴が開いています。これは頭骨を軽くしたり筋肉がつく位置であったりするのですが、特に目の後ろ、ちょうどこめかみのあたりの穴を「側頭窓」と呼びます。
恐竜は顎関節が無いのでこの側頭窓から下顎に強い筋肉がついています。

マプサウルスはテタヌラ類という分岐分類学上の分類に入っていますが、これはジュラ紀を代表する肉食恐竜のアロサウルスを含みます。向かって右上の画像が福井県立恐竜博物館に展示されているアロサウルスの頭骨です。頭骨の高さがアロサウルスは高く、マプサウルスは低いので、マプサウルスの頭はややほっそりした形状ですが、下顎の形状や鼻の形状、歯の形状や顎への歯の付き方などに共通点がありますね。
また同じテタヌラ類で、マプサウルスと同じ南半球にあるアフリカ大陸で発見された巨大肉食恐竜に、「カルカロドントサウルス」がいます。アロサウルスに近い仲間と考えられていますが、画像の向かって左下がそのカルカロドントサウルスの頭骨です。上野の国立博物館の地球館の地下1階で常設展示されているものを撮影してきました。

同じテタヌラなのですが、マプサウルスの側頭窓とアロサウルス、カルカロドントサウルスの側頭窓を見比べてください。妙に後ろに広がっているように感じませんでしょうか?マプサウルスはカルカロドントサウルスに近い種と言う事で、カルカロドントサウルス科と分類されているのですが・・・。

実はこの恐竜を発掘して復元したコリア教授は、以前にやはり南米で発見された巨大な肉食恐竜「ギガノトサウルス」も発掘・復元しています。画像右下がその「ギガノトサウルス」です。こちらも上野の国立博物館の地球館の地下1階で常設展示されているものです。

1998年に日本で開催された恐竜展の目玉の一つが、この「ギガノトサウルス」でした。当時も「ティラノサウルスをも凌駕する巨大肉食恐竜!」として喧伝されていたものです。
この恐竜もカルカロドントサウルス科で分類されていていますが、こちらの側頭窓はもっとはなはだしく広がって、もはや丸窓の様相を呈しています。

この恐竜の復元が発表された当時、多くの学者が側頭窓の復元に疑問を表明しているのですが、化石自体はこの部分がつぶれて未発見であったため、コリア教授自らが「ケラトサウルス類」を参考にした。と回答しています。ケラトサウルス類はテタヌラ類より原始的な肉食恐竜の分類で、一般に側頭窓が広い種類なのですが、ギガノトサウルスを「テタヌラ」で分類しておいて、ここだけケラトサウルス類を参考にしたことに、「最大級の肉食恐竜」にこだわるあまり、人為的にここを伸ばしてサイズを稼いだのでは?と疑問視する意見が多く見られます。
そしてマプサウルスもどうやら同様の復元方針が採られたのでは無いか?という意見があるようですが、この4つの画像をご覧いただきみなさんはどう理解されますか?

以上、恐竜ファンなら「もう知ってるよ!」なエピソードですが、恐竜業界(ってあるのか?)でもやはり、「自分の発見した恐竜は史上最大の○○」みたいなインパクトが欲しいのは、どの世界でも同じだという意味で1つ紹介させていただきました。
スポンサーサイト

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。