スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキゾチックで重厚(に聴こえる)サントラ・オケに挑戦してみた(最終回)

かつての大作洋画のサントラは本格的な管弦楽を駆使した重厚なものであったのが、最近のサントラ・オケはかなり少ない編成でも重厚さや華やかさが表現されているという実体を検証しました。
大した結論は出せませんでしたが、現在のサントラ・オケの上澄みをすくってあまり難しいことは考えずに作品を創ってみました。
今回は少しこの作品について説明を書かせていただきこの記事も最終回とさせていただきたいと思います。

今回のE-Windのテーマ指定は「遺跡」です。
私の貧困な想像力でわいてくるのは、「ナショナル・ジオグラフィック」や「BBC」の古代文明を紹介したDVDのBGMです・・・。う~む、直球勝負ですね。
この手のBGMもやはり先に書かせていただいた条件をあてはめたような音楽が多いように思います。
そこでここは殆ど機械的にこの条件のいくつかを下記のとおり組み合わせて創ってみました。

・低音はコーラス系やパルス系のシンセサイザーを重ねて厚みや音質の変化を出している
・旋律は金管楽器や木管楽器の独奏や斉奏を多用し、低音から高音へ昇っては下がるような音形で構成して盛り上げる
・高音弦は和声を支えたり、リズムに動きをつけるためにキラキラとした対旋律を担当する
・和声進行は意外と単純(マイナー系コード一発、とかⅥ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅲとか)で耳障りよく
・リバーブのかかった打楽器が多く編成され、じょじょに楽器数を増すなどでリズム面で盛り上げる
・低音重視のEQと谷底か天空から響くような大袈裟なリバーブが処理されている

冒頭は低音のパッドが弾き流しをする上で、チャルメラのようなリードがドリアン・モードを基調にしたソロを演奏します。
このリードはイングリッシュホルンの音ですが、EQで低音をバサバサ切ってありますので、倍音の少ないペラペラした音質です。これに聖堂で唄うぐらいの深いリバーブをかけています。ピッチもベンダーでフラフラさせてエキゾチックにしたつもりです。

チャルメラが終わると低音のパッドが数を増します。弾き流しでベースラインを担当しているパッドを2トラック用意して左右に振ってあります。また金属的な音とホワイトノイズのような音で8分刻みをしているパッドをやはり2トラック用意して左右でリズムをコンビネーションで担当しています。
そしてパーカスです。今回はドラムセットは殆ど使っていません。ティンパニ、ハイ・ローのコンガ、鈴、フロア・タム、ベードラを組み合わせてリズム・パターンを作りました。殆ど変化が無いのでややだれるのが芸が無いですね・・・。
そして弦です。中音域で繰り返されるリフと、高中音域で鳴っている対旋律を左右に配置しています。リフは高音をEQでカットして軽くドライめのリバーブを。対旋律は逆に低音をカットしてホール系の深めのリバーブをかけました。
メロが入るまではリズムとリフが続きます。この部分はリディアン・モードで統一しています。少し幻想的な雰囲気が出ているといいのですが。

メロはブレスの強いフルートを使いました。高音をEQでカットしています。メロがドリアン・モードで素朴な感じなので、あまりキラキラした音にしたくなかったのと、結構ノイズが乗るので。

最後にもう一度メロが繰り返されますが、これはSonicCellに装着した拡張ボードに入っている「EthnicFlute」という音色です。あまりエスニックでも無いような・・・。つか最初にメロを演奏する音と殆ど違いがわからないっすね。

一応、以上のような創りで自分なりに「最近のサントラ・オケ」を再現してみました。お聴きいただけるとうれしいです。

「ラーの翼神龍」

タイトルは例によってコミック「遊戯王」の中で登場するカード名です。

コミックの中ではエジプトの墓守を代々の生業としてきた一家(え?)の末裔の少年が、過酷な墓守の運命を呪うあまり作り出してしまったもう一人の邪悪な人格にあやつられ・・・何か説明がめんどうになってきました。カードゲームばかりがクローズアップされがちですが、週間少年ジャンプに連載されていたとは思えない緻密な構成のこのコミック。未読の方はどうぞ。

とにかくこの墓守の末裔と主人公の遊戯やその親友の城ノ内が、世界を破滅できるほどの力が込められた三枚の神のカード(三幻神:ラーの翼神竜、オシリスの天空竜、オベリスクの巨神兵)をめぐって熾烈なカード・バトルを繰り広げます。すげぇ!どんなカードだよ・・・。


今では懐かしい「ゲームボーイカラー」の時代に発売された「遊戯王」のゲームソフトに、おまけとしてこの三枚の神のカードが同梱されていました。当時は人気絶頂。販売すれば瞬く間に売り切れた人気カード・ゲームとあってゲームソフトの販売元のコ○ミも強気でした。ゲームソフトを「遊戯版」「城ノ内版」「海馬版」という三種で販売し、それぞれに付録カードを同梱することで、3つとも購入しないと神のカードが揃えられない!という儲ける気満々の商売ぶりでした・・・。何故か三枚とも持っているevnc_chckです。大人買いってやつっすか?
スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。