スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(暇な)大人のための童謡講座 「おつかいありさん」は何をそんなに急いでいたか?(3)

童謡の「おつかいありさん」に登場するありさんは急ぎすぎて「こっつんこ」してしまいます。一体何をそんなに急いでいたのでしょうか?
この急いでいた蟻さんが「はたらき蟻」であったと前提を置いた上で、今回は「はたらき蟻」の分担業務から順次「おつかいありさん」が急いでいた理由を検証していきます。

はたらき蟻の分担する仕事は
・女王の世話(後宮の女官)
・卵と幼虫の世話(育児)
・餌の運搬(調達、保管)
・巣の拡張(土木作業)
・餌の食べかすを巣から運ぶ(廃棄作業)
・その他情報収集と伝達(諜報・防衛)
がメイン業務ですがこのうち巣の外で行う仕事は「餌の調達」「餌の食べかすの廃棄」「その他情報収集と伝達」です。

まずはこの蟻さんは餌を調達する「おつかい」の最中であったと想定すると、何ゆえそんなに急いでいたのでしょうか?
蟻は巣の外で餌を発見するとその場で一旦腹嚢に飲み込んで巣まで運ぶか、そのまま強力な顎でくわえて引きずって巣まで運ぶか、やはりその顎で刻んで少しづつ運ぶかします。その他に、仲間を呼び整然とした行列を作って共同作業で運ぶ場合があります。これは触覚で蟻同士が会話して「餌を発見した」情報を伝達しているわけですが、道を迷わないのは最初に餌のある場所に到達したはたらき蟻から地面についた固有のフェロモンの臭いを伝っていると考えられています。ちなみに昔は道を記憶しているのではないかと考えられていたこともありました。

この蟻さんは恐らく「大きくて食べがいのある餌」を発見し、とても単独では運べ無いと判断したため、その情報を仲間に報告する途上であったのでしょうか?しかしこの場合はそれほど急ぐ話でも無いように感じます。例えばその餌を他の巣の蟻も狙っていたため「時ハ金ナリ」とばかりに急いでいたのでしょうか?

蟻は巣から10メートルを超える範囲をテリトリーとして餌の調達をします。そのテリトリーを外れて他の巣のテリトリーに入ると、すぐれた嗅覚で他の巣の蟻(つまりそのシマをしめている女王の配下)がたちまちやって来て、壮絶な陣取りバトルが始まります。蟻を飼育するとわかるのですがうっかり他の巣の蟻を入れてしまうと、まさに死闘、殺し合いになりジェノサイド状態になります。
少しくどくなりましたが他所のテリトリーで餌の調達などしようものなら、上記のような結果を招くわけですから「発見した極上の餌」の情報を「急いで伝える」ケースは起こり得ないと思われます。これは無い!という結論です。

次回では更に「はたらき蟻」の担当業務から、「おつかいありさん」が急いでいた理由を検証していきます。
スポンサーサイト

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

プロフィール

kanchikuan

Author:kanchikuan
はじめまして。 中学生くらいに突如、音楽に興味を持ち「ブラバン」や「ロック・バンド」やよくあるコースで音楽を愛し、今はもっぱらDTMを趣味としてネットで自作曲を公開したりしています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。